<< 前 ホーム 次 >>

bakaid: 200710171

こんなことを書くためにこのページがあるわけじゃないんだよ。

--

勘違いしてほしくないのは、agileだなんだいっても、
ものを作る技術はしっかり持ってなきゃダメなんだって
ことなんだよ。ものを作るために自分らはやってるんだし。

で、ものを作る技術っていうのは、ある程度確立してる
んだよ。いや、確立っていうと完成してるような印象を
与えちゃうかもしれないけど、少なくとも『有効な手段や
手法』っていうのがあって、それが広く知られてるわけだよ。

まず、コンピュータ科学っていうのが厳然として存在
するわけだ。そして、そこから派生してソフトウェア
工学と呼ばれるものや、ソフトウェア開発方法論といった
ものがあるわけだ。そうした先人の知恵を学ばないのは
非常に愚かなことだろう。

コピペして変数名をちょっと変えるとか、そんな小手先の
テクニックを覚える前に、もっとやることがあるだろう。
そういうところを疎かにしているから、いつまでたっても
悪循環から抜け出せないんじゃないのか。

--

ちょっとくどいけど書いておこう。

上の話は『再利用』の範疇に入る。再利用っていうのは、
この世界では重要なテーマであって、先人たちの知恵って
いうのも数多く積み重ねられている。だが、再利用の
話っていうのは難しくって、泥沼に入りやすい。それでも、
1ついえるのは、『再利用は1日にして成らず』っていう
ことだ。だから、常日頃、どんなふうにコードを書いてるか
が大切になる。だから、普段の意識が低いと、いつまで
たっても再利用はおぼつかない。納期に追われながらも、
それでも必死に再利用できるような形でコードを残すしか
ないんだよ。

いいか? 再利用っていうのは、誰かが与えてくれた
ライブラリやフレームワークを使うことだけじゃないん
だぜ? 所詮他人が書いたコードなんだぜ? 自分の仕事に
合わなかったら再利用もクソもねえ。だから自分で、
自分のために再利用できるコードを残すんだ。

そうやって自分の道具を増やしてくんだよ。だって、
プロだろ、オレたちは。

本家Permlink

<< 前 ホーム 次 >>


Copyright © 1905 tko at jitu.org

バカが征く on Rails