<< 前 ホーム 次 >>

bakaid: 200710023

バグを潰すのは、まぁ、単純な話なんだよ。でも、
そこで終わってちゃあ、また明日も似たようなバグを
潰すことで時間がつぶされちまう。

なぜバグが出たのかということを考えなきゃいけない。
コミットするときにコンパイルしたのか? コミットする
ときにユニットテストを通したのか? コミットするときに
動かしてみたのか? 似たようなバグが過去にあったん
なら、そこに構造的な問題がないのか? 設計に問題が
ないのか? 組織に問題がないのか? どうしたら似た
ようなバグを防げるのか? そういうことを考えることが
当たり前になるように習慣づけなきゃいけない。失敗から
学ばないんじゃあ、失敗がただの失敗に終わっちしまう。

本家Permlink

<< 前 ホーム 次 >>


Copyright © 1905 tko at jitu.org

バカが征く on Rails