<< 前 ホーム 次 >>

bakaid: 20050829

そういえば、街角さんに『Googleの天下ってこれからも続くんですかねぇ』み
たいなことを聞いた覚えがあって、『そうでもないんじゃないの? だって、
あそこがやってることって誰でもできるようなことばっかじゃん』みたいな答
えをいただいたような覚えが。いや、ひょっとしたら自分の錯覚かも。

あ、これはあんまり否定的に受け取らないでください。要はまだまだ他の人に
もチャンスはあるだろう程度という話だと思うんで。

--

そういえば、Ωの方とお話できたのも幸いでした。自分、『O'ReillyのMake
magazineみたいなのはどうなんですか?』って聞いてみたんです。そしたら、
『多分日本じゃダメでしょう』みたいにいわれて。『O'Reillyがああいうこと
をできるのは、中の人が少ないからじゃないですかね』とも。要は人件費がか
からないってこと。

で、本の世界ってやっぱ数がものいう世界なんで。このあたりは最近陥ってい
るRubyのジレンマがまんま出てる感じで。誰でもRuby知ってるけど、誰もRuby 
使ってないっていう。要はRuby本買うヤツが少なすぎるっていう。

実際、Rubyの開発に関しては雪ダルマ式に増えていくくらいに十分な人は集まっ
てると思うんですけど、Ruby本を売る側からすると全然足りてないわけです。

ちょっと前にも書きましたけど、どういうわけかRubyには筆の立つ人が集まっ
ていて。そういう人を世に出すためにもやっぱりRubyが売れる状況を作らなきゃ
いけないわけで。まぁ、自分に何ができるというわけではないんですが。

--

電車の中で座ってたら、目の前に知らねぇニーチャンが来て、首からプレーヤ
ぶら下げてるんですよ。一見して白くないわけで、『いまどきiPodじゃないプ
レーヤなんて、一体どこの?』って興味が湧いてきて、それがソニーだと分かっ
て、『グエッ、ソニーかよ、ダッセー!』って思ったわけです。

あ、いちおう、自分はたださんほどはソニーは嫌いじゃありません。ただ、ソ
ニーもGateKeeperとかやってるクズ企業だとは思ってますけど。

で、『うわ、この人、ダッサ!』と思ったのは本当にそう感じたんですよ。首
からぶら下げてるのがiPodだったら『ケッ、クソが』とは思っても『ダッサ!』
とまでは思わないんですね。

もうソニーのブランド力なんて、そんなもんになっちまったのかなぁと自分で
もちょっと驚きました。そういう意味ではAppleの競争相手はまさにSONYだっ
たわけで、その勝ち負けってのはもうはっきりしちゃったなと。SONYからはも
う面白いもんは出てこないかもしれません。

--

は? 苫小牧優勝? 今ごろ知ったよ。さすがはアカヒ、やることが公正明大だ
よな。高野連なんかじゃなくって結局はアカヒだろ、これ決めたのは。

本家Permlink

<< 前 ホーム 次 >>


Copyright © 1905 tko at jitu.org

バカが征く on Rails