<< 前 ホーム 次 >>

bakaid: 20050821

Javaって『冗長なのはいいことだ。少なくとも悪いことじゃない』っていう文
化ですよね。Javaの人にXMLが受け入れられているのは、そういうところの波
長が合ってるからっていうのも理由の1つなんじゃないでしょうか。

で、その反動が今来てるんじゃないかと思うわけです。これは『Javaがイノベー
ションのジレンマに陥っている』っていう見方とはちょっと違います。文化の
問題ですから。

あんまり知らないことを書いちゃいけないんですけど、Pythonあたりにも同じ
傾向があるんじゃないかと睨んでるんですけど。まぁ、それは置いといて。

で、『冗長なのはいいことなんだから、冗長にするための手間はツールにやら
せればいいんだ』っていう流れなんですよね。で、さらに大きな流れでいえば、
これはJavaだけじゃなくって、MSの文化にもなってたりして、ギョーカイ全体
の流れということもできるんじゃないでしょうか。

で、『冗長なのは本当にいいことなのか?』とRoRが疑問を投げかけてるんで
しょう。それはRuby、引いてはUNIXが示す疑問でもあります。

これは自分勝手な見方ですけど、Smalltalkの文化っていうのは、冗長じゃな
くって平易なんですね。くどくないというか。まぁ、Smalltalkのこともよく
知らないんですけど。

ああ、Javaの冗長さを愛す文化っていうのは、何も静的な型だからってだけの
話じゃないです。いろいろな面で。

自分も冗長というものを100%否定するわけじゃないですけどね。

本家Permlink

<< 前 ホーム 次 >>


Copyright © 1905 tko at jitu.org

バカが征く on Rails