<< 前 ホーム 次 >>

bakaid: 20050812

あれ、Shiroさんのたどってきた歴史とかそういう話じゃないでしょうね (笑)。

--

http://onestepback.org/articles/10things/page034.html

http://onestepback.org/articles/depinj/

どっちもよく書けてます。英語ですけど、そんなに難しくないです。

どういうわけか、Rubyには弁 (あるいは筆) が立つ人が多くって、それがRuby
の一番の強みじゃないかと思ったりもします。

--

http://www.iot.ac.jp/manu/ueda/interview/j03.html

  マネジメントとは、高度に専門的な知識を他との協働で有効なものとするた
  めの方法である。これがドラッカーのマネジメント論である。

これはプロジェクト運営にも当てはまることで。どういうわけか、プロジェク
ト運営と一般的な組織運営は別物みたいに思われてて。やっぱ読まないとダメ
か、ドラッカー。

1ついいたいのは、ドラッカー氏のいう知識労働者はプログラマこそが代表例
であるべきだということ。プログラマこそが知識を活かし、組織を変え、社会
を変えるべきだということ。そのぐらいの気概を持ってもいいんじゃないかと。

プログラミングは経営よりも面白い。絶対に。

ああ、ここでいってるプログラミングってのは狭い意味でいってるんじゃない
ですからね。

本家Permlink

<< 前 ホーム 次 >>


Copyright © 1905 tko at jitu.org

バカが征く on Rails