2005 6 7 8 9 10 11 12
2006 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2007 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2008 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2009 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2010 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2011 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2012 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2013 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2014 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2015 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2016 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2017 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

ホーム

2011年03月18日

計画停電には計画読書。英語なら過去に出版された本がPDF化
されていることも多い。この機会に読んでみてはいかが?

http://www.freebookcentre.net/

本家Permlink


2011年03月15日

ゑ ←てるてる坊主

本家Permlink


2011年03月14日

MFCを使ったバカコードその1:

CPoint point = (0, 0);

このコード、かなり前から見てた気がするんだけど、ある日、
フと「何やってんだ、これ?!」って気づいた。

これ、右辺はただのカンマ式なんだよね。だから:

CPoint point = 0;

と同じ。で、CPointにはCPoint(LPARAM)っていうコンストラクタが
あって、それに変換される。つまり:

CPoint point = CPoint(0);

になる。CPoint(LPARAM)がどういうことをやるかの詳細は各自
MSDNを見てもらうことにして。こんなことやるんだったら:

CPoint point(0, 0);

ってやったほうがいい。

バカコードその2:

CString str = L"";

これをバカコードっていうと「なんで?!」って思う人もいるかも
しれないけど、これは2つの罪を犯している。

1つは、CStringは、引数なしのコンストラクタを使えば、
空文字列のオブジェクトになることがドキュメントに明示されて
いる。つまり、上のコードを書いたヤツはドキュメントを読んで
いない。そして、それよりずっと罪は軽いが、効率の悪いコードだ
ということ。

確かに、MSDNのドキュメントは非常にわかりにくいところが
ある。ただ、それでも、MSDN内で検索すれば、CPointとか
CStringのドキュメントはすぐに見つかる。

こういう「なんとなく」書いてしまうコードはダメだということは
前にも書いたけど。こういう「なんとなく」を積み重ねると、
コンパイラの警告を無視したりと雑なプログラミングになる。

本家Permlink


2011年03月13日

Kindle買ったんですけど。3世代目ってヤツ? Free 3G + Wifi。

で、xv6のPDFをコピーしたんだけど、スゲー読みにくい。
これだったらソースファイルをそのまんま読んだほうがいい。
というわけで、sh.cをsh.txtに名前を変えてKindleにコピー。

それで問題なく読めるんだけど、でも、ソースコードって、
あちこちの関数に飛びたいもんだから、関数ごとにハイライト
させたりして。でも、これがメンドい。

で、PCに接続したKindleの中見ると、sh.txtの他にsh.mbp
なんていうファイルが作られてる。いろいろWebをさまよったり、
odでダンプさせたりした結果、この中にハイライトが収められて
いるらしい。

.mbpについては、今話題の渋川さんがtoRubyで話してくれてた
のをうっすら覚えてて。Palmがどうこうっていう。ただ、PDBの
フォーマットは解説が見つかったんだけど、.mbpの解説は
見つからないんだよね。いや、非公式なのはあるにはあるんだけど、
どうもKindleのとはビミョーに違うみたいで。

まだ全然解析できてないんだけど。ただ、フォントなんかは、
.txt共通になるらしい。だから、.mbpには入らない。そんな
ことくらいしかまだわかってない。

--

それから、Kindleのケースも注文したんですよ。さすがに
剥き身で持ち歩くのは忍びなくって。で、調べてみたら、
読書灯(マニュアルにそう書いてあった)付きのがあるっていうんで。
まぁ、真っ暗な部屋でこの読書灯だけで読むのは苦しいけど。

そしたら、3/12の午前中にに届いたんすよ。あの地震の次の日
だったからビックリして。佐川スゲーって。まぁ、こっちのほうは
道路とかに問題はなかったみたいだから、当たり前のことかも
しんないけど。

--

Kindleで残念なのは、脱獄が危険だといわれてることですね。
まぁ、安いから、つぶしちゃってもいいかなとは思うんですけど。

--

Kindle買ったのは、ついったで「メモや傍線をニコニコみたく
共有できる電子書籍ってある?」って聞いたら、kdmsnrさんが
Kindleならできるよって教えてくれて。前に渋川さんが
Kindle見せびらかしたときに自分もほしいとは思ってたんで、
即決。

でも、よく考えたら、メモとかを共有できるのって、Amazonで
買った本だけで、手元のPDFとかはムリだよね(笑)。

本家Permlink


2011年03月11日

年下の同僚から『どうしたら腕が上がるんですかね?』
みたいな話を振られて。そのときは、まぁ、いろんな
ことをしゃべったんだけど。

改めて考えてみて、結局のところはプロ意識を持つことが
一番最初なんだというのが自分の結論になった。

日経のサイトに権藤博氏のコラムがあって、それが非常に
味わい深くて好きなんだけど:

http://www.nikkei.com/sports/column/page/p=9694E2E6E2E0E0E2E3E2E6E2EAE2

権藤氏のことを知らない人もいるかと思うんで、Wikipediaへの
リンクを貼っておく:

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A8%A9%E8%97%A4%E5%8D%9A

ありふれた言い方をすると、名将、名伯楽の一人ということなる。

で、権藤氏のコラムの中に次の記事がある:

http://www.nikkei.com/sports/column/article/g=96958A88889DE0E0E2E6E0E1E7E2E0E3E2E3E0E2E3E3E2E2E2E2E2E3;p=9694E2E6E2E0E0E2E3E2E6E2EAE2

『プロ根性』とか、ちょっと表現が古いかなとも思うん
だけど (笑)。でも、プロ野球、プロスポーツ特有の
部分を差し引けば、残るのは、新人で一番大切なのは
プロ意識を持つことだとわかる。

プロ意識を持つことで、トレーニングへの取り組み方が
変わり、トレーニングの効果も変わってくる。

また話が変わるんだけど、週一の昼休みに読書会を
はじめてて。最初に選んだのが『もしドラ』なんだけど。
プログラマばかりじゃないっていうのもあって。あ、
たった3人なんだけどね。

で、そこで『仕事の分析ってどうやればいいんですか?』
みたいなことを聞かれて。まさに『グッド・クエスチョン!』
なわけだけど。

たとえば、過去にここに書いた『計画・プログラミング・
テスト』っていうのは、自分がソフトウェア開発を分析
した結果だし。『ビジネス・テクノロジー・ソフトウェア
開発のやり方という3つの知識ドメイン』っていうのも、
自分の分析の結果だし。

仕事でやっていること、求められていることを自分なりに
考えて整理するのが分析っていうことでいいんじゃないかと
思うんだよね。

で、そうやって仕事について考えることがプロ意識の
発露なわけ。

『どうやったらもっとうまくできるんだろう?』っていう
素朴な疑問からはじめてもいいしね。そのために信頼
できる先輩を観察して、どこをマネればいいか考えたり。

まぁ、思索や模索を続けていれば、結構、ヒントに
ぶつかるものです。

--

前は、週一で勤務時間後に読書会やってたんだけど。あ、
そんときは二人だけだったんだけど。本は、会長が前
いたとこでやってたっていうから『Code Complete』。
結局、上巻はなんとか読み終えたんだけど、それで
終わっちゃった。

まぁ、やっぱり、勤務時間後っていうのはむずかしいね。
仕事の都合があるから。たった2人なのに集まれないことが
よくあって。

週一で定時日はあるけど、いろんな都合で定時日はムリ
だし。

で、昼休みに読書会やってるとこがあるって聞いて。
昼休みなら集まりやすいじゃんって思って。ちょうど
新人が来たことだし、またはじめてみるかぁって。

勤務時間外の社内勉強会とか、法的にはグレーなところも
あって。勤務時間内にやるのが一番いいんだけど。まぁ、
昼休みにダラダラしゃべりながらっていうのも、なかなか
得がたいんじゃないかと。

読書会の形式はtoRuby形式 (笑)。自分、他のやり方
知らないんで。ただ、PC持ち込み禁止だし、3人でも
全員のポジペやる時間はないんで、一人だけ紙でポジペ
用意してきて。もちろん、ポジペ担当は週替わりで。

ポジペの内容も、toRubyと同じで制限なし。趣味でも
仕事でも何でも。

そんな感じで、実際に本読む時間は15分くらいかな。
感想なんかも含めて。まぁ、気合い入れて読むような
本でもないし。

本家Permlink


2011年03月04日

include Java

class MyPanel < javax.swing.JPanel
end

panel = MyPanel.new
Marshal.dump(panel)

上のコードを実行すると:

org/jruby/java/proxies/JavaProxy.java:366:in `marshal_dump': org.jruby.javasupport.proxy.JavaProxyConstructor$2 (IOError)
     from org/jruby/RubyMarshal.java:101:in `dump'
     from rb.rb:7:in `(root)'

とエラーになります。--versionは:

1.6.0.RC2 (ruby 1.8.7 patchlevel 330) (2011-02-09 5434c72) (Java HotSpot(TM) Client VM 1.6.0_18) [Windows XP-x86-java]

本家Permlink


Copyright © 1905 tko at jitu.org

バカが征く on Rails