2005 6 7 8 9 10 11 12
2006 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2007 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2008 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2009 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2010 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2011 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2012 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2013 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2014 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2015 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2016 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2017 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

ホーム

2010年06月29日

岡田武史氏が語る、日本代表監督の仕事とは
http://bizmakoto.jp/makoto/articles/0912/14/news010_6.html

* 監督の仕事は決断すること。
* 決断は勘で行う。
* 勘を鋭くするために開き直る。
* 開き直るとは無私、無心になること。
* 無私、無心になるためにどん底まで落ちる。
* どん底で苦しみながらも耐えたらスイッチが入る。開き直れる。
* 目標はすべてを変える。
* フィロソフィー
  * Enjoy
    * 楽しさとリスクは表裏一体。
    * 「練習では考えてやらないといけない。でも、試合ではそれを頭を使ってやるな。自分が感じたことを信じて、勇気を持ってプレーしなさい。」
  * Our Team
    * 「村の祭り酒」の話。
    * 本人が本気になって変わろうとしない限り、人を育てるとか変えるとかはできない。
  * Do Your Best
    * 自分の都合ではなく、チームが勝つことにこだわる。
  * Concentration
    * 無駄な考えや無駄な行動を省く
    * 今できることに集中する。
      * 日ごろのコンディション管理。
      * 集中したすばらしい練習をすること。
      * 試合でベストを尽くすこと。
    * 勝負の神様は細部に宿る。
  * Improve
    * 今を守ろうとせず、常にチャレンジする。
      * チャレンジすれば壁が現れる。
        * 壁は本気度を試すために現れる。あきらめない。
  * Communication
    * お互いを知る。
    * お互いを認め合う。
    * 自分を認めてもらうために努力する。
      * 挨拶。
* 人間万事塞翁が馬
  * 淵黙雷声(へんもくらいせい)

本家Permlink


2010年06月10日

やっぱり大量のコードを書けるってのは才能なんだなぁ
と思う。

Linuxにしても、今でこそ大人数で開発が進められている
けど、最初はLinus氏がたった一人で1万行書いたわけです:

http://ja.wikipedia.org/wiki/Linux

まぁ、いろんな才能を持った人がいていいわけだけど。
量より質っていうか、山椒は小粒でな人とかもいていい
わけだけど。

だから、自分は、コードは読むもんじゃなくって、書く
もんだと思うんだよね。code reading重要っていうのは
オシゴトの話で。

思ったことをコードに表現できて、それに飽きないタフさ
っていうか。

逆にいうと、コード化できる思いをたくさん抱いてるって
いうか。実現できないことばかり思いついてたらただの
夢想家じゃないですか。そのときのLinus氏は、1万行分の
コード化できる思いを抱いてたわけで、そこが素晴らしいと
思うわけです。

本家Permlink


Copyright © 1905 tko at jitu.org

バカが征く on Rails