2005 6 7 8 9 10 11 12
2006 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2007 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2008 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2009 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2010 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2011 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2012 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2013 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2014 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2015 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2016 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2017 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

ホーム

2009年03月30日

みんなだまされやすいねぇ。

工学論争みたいなことに今は興味ないんだけど。
自分の仕事をどうするかで頭がいっぱいだし。

でも、批判なら批判で、もうちょっとまともな批判じゃ
なきゃ面白くないでしょ。

不具合で作り直しが必要かどうかは、その不具合の深刻さに
よるのは当然だろ。建築のほうは全然知らんが「材齢強度」
がダメだってのは、かなり深刻な不具合だってことくらいは
わかる。そんな深刻な不具合があったら、ソフトウェア
だって作り直しだよ、フツー。

プログラミング言語。確かに次から次に新しい言語も
出てきてるけど、そうでないものもたくさんある。C言語
だってそうだし、COBOLだって現役だし、黒田さんの大好きな
Lispだってそう。そういう「枯れた言語」を使うかどうかは
ビジネス上の判断としかいいようがない。

名前のついてるバグなんていくらでもある。バッファ
オーバーフロー、SQLインジェクション、dangling pointer、
dangling else、NULLポインタアクセス、いくらでも。

失敗したプロジェクトの検死については、ソフトウェアが
知的財産ということもあって難しい面がある。公共事業
とかならやったほうがいいけど、そうでなければ第三者が
どこまで踏み込めるかわかんない。

高校出たての新人でも電気機器の図面から品物をイメージ
できるっていうことだけど。かなりマユツバじゃねぇの?
よしんば、そうだとしても、それはそれなりの専門教育を
高校で受けたからで、おんなじような教育をソフトウェア
開発志望の高校生にやったら、同じくらいにソフトウェアを
イメージはできるんじゃね?

大体、その「図面」とかいってるのがUMLなんかのこと
だとしたら、そんなもんでコード書けるんなら苦労しねぇし。

いや、ソフトウェア工学というもんを認めないわけじゃ
ないし、そういう研究が必要だっていうのはわかってる
けど。でも、そういうのは現場に降りてきてはじめて
オレが評価できるもんになるんであって。

--

でも、建設現場には必ず「安全第一」って張ってあるけど、
あれなんかはまさにそれが生の人間の営みであることを
証明してて、そういう場には、必ず経験とか勘みたいな
ものを活かさなきゃいけない場面があるはずなんだよ。
工学だけですべてが解決できるわけもない。

本家Permlink


2009年03月22日

http://ja.wikipedia.org/wiki/Lighttpd

珍しく情報が古い、のかな。lighttpdのページなんだけど、
Windowsに移植するプロジェクトができてるね:

http://en.wlmp-project.net/downloads.php?cat=lighty

本家Permlink


2009年03月16日1

あ〜あ、『かほりさん』も終わっちまったか。

本家Permlink


2009年03月16日

でも、見積もりなんていうのは、チームの一人一人が
やんなきゃいけないもんでしょう。だから、裏とか表とか
関係ないと思うんだよね。あ、いや、いいたいことは
わかるけど。

前にも書いた仕事の三大要素、『計画・実行・確認』って
いうのは、規模に関係ないわけでしょう。『他にやる人が
いるからオレには計画なんか関係ない』なんてことはない
わけでしょう。あなたにはあなたの仕事があって、それには
必ず『計画・実行・確認』が求められるんだよっていう。

で、トータルの見積もりっていうのは、そういう一人一人の
見積もりを足してったものなんだから。

そりゃ、場所によっちゃ、誰かエライ人が見積もり出す
こともあるよ? でも、だからっていって、見積もりを
他人事にしちゃいけないんだよね。『見積もり? あんなん
シカトだよ』ってなっちゃうと、計画が現実から離れ
ちゃって、どうにもなんなくなる。

--

あ、そうそう。今気づいたんだけど、見積もりと計画
って違うよね。見積もりは計画の一部でしかないって
いうか。ただ、見積もりを考えると計画についても考え
なきゃいけないわけで。

計画っていうのは、やんなきゃいけないことを洗い出して、
それを時間軸に沿って並べるのが主なんだけど。

見積もりっていったら、もう洗い出しは済んでてもいい
わけだし、やんなきゃいけないことに時間を割り振るだけ
なんだよね。

だから、やっぱり、見積もりよりも計画のほうが大切
なんだよね。

本家Permlink


2009年03月13日

この業界、人手不足だ人手不足だいわれてたわけだ。

まぁ、今はちょっと状況が変わっちゃったけど。

でもその割には、その人手不足を解消しようっていう
動きは出なかったんだよな。

いや、オフショアは人手不足解消っていうより、コスト
下げる意味合いのほうが全然大きいだろ。

で、オフショアとおんなじ流れで、仕事を外出しする
ことばっかり流行って。

そんなんじゃ、いつまで経っても人手不足なんて解消
するわけがない。人が育たないもん。ノウハウっていう
のは、やっぱり人に蓄積されるものだから。

--

で、上のとおんなじような流れで、責任逃避が流行った
気がすんだよな。自己責任だ自己責任だいってても、
所詮は自分が火の粉をかぶりたくないだけで。本来取る
べき責任、それはリスクっていってもいいけど、それを
他人に押しつけようとする。

そんなもんだから、失敗したヤツを死ぬまで叩くし、
失敗したほうも殺されるのはヤだから「ヤられる前にヤる」
とか「テメーらヤってオレもシヌ」みたいになって。

--

まぁ、この不況で何かよくなってくれればいいと思うね。

不況またよし。

--

まぁ、最近の官憲の強権ぶりは目に余るものがあるよな。
ケーキをさらに悪くしようとしてるとしか思えん。

本家Permlink


2009年03月11日1

少なくともXPでは、「一番価値のあるものから作る」のが
原則であって。その「一番価値のあるもの」を決めるのは
当然顧客側の責任。

「開発側が作りやすいものから作る」わけじゃないのが
大切なわけで。

だから、顧客側の「一番価値のあるもの」がコロコロ
変わるようだと、いくらXPだっていってもムリがある。

顧客側と開発側で一緒に「一番価値のあるもの」を探す
ことはあっても。でも、それって、ぶっちゃけいえば、
XPの範疇じゃないんだよね。

手戻り云々も、それを受け入れるかどうかは顧客側の
選択。そもそも、大きな手戻りが出ないようにする
ためのon site customerなわけで。顧客との意思疎通が
図れてなければ、それはXPでもagileでもないでしょ。

--

やっぱ、あれだよね、中途半端なグダグダをagileって
呼んじゃってるヤツが多いのかな。

それでも、予算云々っていうのはあるよね。そのへんは、
こないだ書いた法律の話とかともカブってくるんだけど。

だから、法律の面 (請負でagileが成立するための条件とか)、
契約の面 (インセンティブ契約とか)、そういうのが
agileが「成人」になるまでにはまだちょっと足りないと
思うんだよね。

本家Permlink


2009年03月11日

またおんなじ話の繰り返しで申し訳ないけど。

やっぱり、完成図よりも成長図を描くほうが大切だと
思うんだよね。

設計とかモデルとか呼ばれてるのって、完成図なんだよね。

いや、ちっちゃなプログラムだったら、完成図だけを
頼りに進めることだってできるけどさ。でも、現実には
そんなちっちゃな仕事なんてないわけでさ。

だから、マイルストーンとかチェックポイントとかいった
ものを設定して。自分の進路を確かめながら進むんだよね。

こういうのは、いわゆるボトムアップというのとはちょっと
ニュアンスが違うんだよね。やっぱりインクリメンタルって
いったほうがいいのかな。

--

DSLっていうのは、『もうオレが書くのは面倒だから、
お前ら自分で書け』ってことなんだよね。

本家Permlink


2009年03月10日

やはり、ソフトウェア開発についての専門的な知識を
持っているかどうかが肝心ということになるだろう。

それは、技術的なことだけでなく、組織論的なこと、
ビジネス的なこと、法律的なことといった、包括的な
知識ということになる。

--

agileは少しずつ認知されているようだけど、法的な面では、
まだまだ認知されているとはいいがたい。

本家Permlink


2009年03月06日

斬れば血の出る人間がいて。しかも、体も心も強くない
人たちが多いこの業界で。

それでも、そういう人たちといっしょに汗を流し、笑い、
泣きたいと思う。

そういうの、めんどくさくないの? 属人性を受け入れる
って、そういうことだよ?

本家Permlink


2009年03月05日

売れ筋の製品、より多くのユーザに使われる製品ほど
品質の高いほうが儲かるリクツだよね。

もし製品に不具合があったら、下手すりゃコールしなきゃ
いけないわけで。そうしたときに数が出てたら大変な
出費になる。

本家Permlink


2009年03月04日1

見える化っていうのは、見えない力を育むためのもので
あって。それ自体が目的じゃないのはもちろん、見えない
力を計るためのものでもない。

計測は大切だとしても、計測はただの計測に過ぎない。

たとえばの話、『見える化しよう』という気持ちが
生まれるのは、見えない力があるからだ。そういう、
やる気やモラルといったものを育むことが大切であって。

本家Permlink


2009年03月04日

何度も書いてる話だけど。

0と1とじゃ天と地ほどの差がある。ものを作れるヤツが
エラくって、作れないヤツはクズ。それがこの世界の
絶対的なルール。

でも、作れるヤツ同士だったら話は違う。ただ動きゃいい
ってわけじゃなくなる。「ただ動きゃいい」以外の何が
必要かは、まぁ、ぶっちゃけ、むずかしいんだけど。

本家Permlink


2009年03月02日

ゴメン。Objective-C、クルかもしんない。

まぁ、自分には無縁だけど。

本家Permlink


Copyright © 1905 tko at jitu.org

バカが征く on Rails