2005 6 7 8 9 10 11 12
2006 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2007 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2008 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2009 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2010 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2011 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2012 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2013 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2014 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2015 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2016 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2017 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

ホーム

2009年01月30日

http://regional.rubykaigi.org/tochigi01

下のほうにある懇親会なんだけど、席数に限りがあるんで
お早めにとのこと。

それと、東北本線、ドアは全手動だから。
ドアの前でボーッとしてるとすっごくニラまれるからね。
まぁ、ニラんでるのは自分なんだけど (笑)。

このページの広告効果がほとんどないことは過去の実績
からいってはっきりしてるんだけど (笑)。

--

そうそう。見た目についていえば、シンプルなのがいい
とは限らないんじゃないかと思わないでもない。

デコなデザインも結構好きな人が多いんだよね。特に
アジア方面とかだと。

つーか、シンプルなのがいいっていうのは、iPodとかに
毒されてんじゃないの? 開発のアナロジーでいうなら、
デザインだって自分でいじりたいと思うだろうし。
シンプルなままのデザインをそのまま使うのっていうのは、
デザインの押しけなんじゃないかと思わなくもない。

デコトラにしてもそうだし。たとえばプリクラ貼るとかも
そうだし。そうやって自分なりに手を加えたデザインって
いうのが、本当のデザインなんじゃないかと思わなくも
ない。

まぁ、そのためには土台はシンプルであるほうがいいって
いうリクツはあるだろうけど。

まぁ、一種の小悪魔理論ではあるかな。

--

不具合っていうのは、自分ら開発者が思ってる以上に
被害が大きいんだよね。

まず、当たり前のことだけど、製品の価値が下がる。
同じ製品を別の人に売るとき、値段を下げなきゃいけなく
なるかもしれない。

いや、このご時世だと、下手をすれば賠償金を払うこと
だってありえる。

それと、開発した組織の評判が落ちる。次の製品を買う
人がいなくなっちゃうかもしれない。

不具合を出すと、営業といった、お客さんに近い人たちを
動かすことになる。もちろん、お金がかかることになる。

それから、こないだ書いたように、現行のプロジェクトだって
悪影響を受ける。不具合対応は優先度が高いから、現行
プロジェクトに対する割り込みになる。

第一、自分ら作る側だって、気分が悪い。

--

まぁ、プロフェッショナルっていうのは、身もフタもない
言い方をすると、お金をもらってるかどうかだけの違い
しかないんだけど。でも、自分はそうは思わない。

ニッチなジャンルだと、その仕事だけじゃ食べていけない
人はたくさんいるし。それでも、その人たちを「○○の
プロ」と呼ぶことだってできる。

だから、結局、仕事に対する誇りとかなんだよね。誇りを
持って仕事をしてるかどうかっていう。

で、その誇りっていうのは、責任から生まれるんだよね。
お金から生まれるんじゃない。仕事を任されて、仕事を
全うする。その積み重ねで誇りっていうのは生まれる。

本家Permlink


2009年01月29日

ああ、心に愛がなければ、ソフトウェア開発じゃないのさ。

本家Permlink


2009年01月28日1

結局、品質は、未来のスケジュールに跳ね返るんだなぁ。

不具合が出れば、その対応に追われる。不具合への対応は、
ほとんど常に最優先される。そうなれば、当然、現行の
プロジェクトの進行は遅れることになる。

つまり、低い品質は、予想外の出来事という、プロジェクト
管理には最悪の形となって現れる。

--

同じようなことを何度も書いてるけど、見える化って
いうのは、否が応でも目に入るような形にしないと、
あんまり効果はないんだよね。

バーンダウンチャートをExcelで描きましたっていっても。
それが毎日のように目に入ってこなきゃ、ドライブ感も
危機感も生まれない。

まぁ、日本の事情というのがあって。なかなか壁紙を
貼るっていうのもできないところも多いだろう。
Wikiとか、Tracとかを使ってるところも多いだろう。

そういうソフトを使ってるんなら、せめて毎日目に入る
トップのところに情報を集めたい。

バーンダウンチャートにしても、縮小するなりして
なんとかトップに載せたい。進行速度を表す数字が
あるんなら、それもトップに載せたい。締め切りまでの
イテレーション数といったものも載せたい。

見える化っていうのは、結局、みんなの意識を合わせる
ためにやるんだよね。管理者とか一部の人間のために
やるんじゃない。

本家Permlink


2009年01月28日

何度も書いてるけど、オレは管理者じゃないからね。

わかってると思うけど、ここでいってる「管理者」って
いうのは、いわゆる「中間管理職」みたいなことをいってる
わけじゃなくってね。プロジェクト全体の進行とか、資源の
確保とかに最終的な責任を持ってませんよっていうこと。

ほんとにオレはただの一プログラマに過ぎないんだから。

アジャイルだなんだいったって、プロジェクトの進行を
決めるのは管理者なんだよ、やっぱり。管理者がイーカゲンな
管理すれば、やっぱりイーカゲンな進捗しか出ない。

割り込みが多いとかいう問題があったとしても。

じゃあ、その割り込みはどのくらいの頻度で発生してるの?

そういうデータは取ってるの?

その割り込みがこっちよりも優先度高いことに、みんなが
納得してるの? 「みんな」っていうのは、現場ももちろん、
お金を出してる人もっていう意味だけど。

そういうデータ集めとか、意識合わせとかって、管理者の
やんなきゃいけないことでしょう。

ぶっちゃけいって、オレは、そういうことに興味がないん
だよね。プログラマだから。

本家Permlink


2009年01月27日

累進率の話がちっとも出てないのはおかしくないか?

本家Permlink


2009年01月25日

Googleの新しいfavicon、ダセーと思ってるのはオレだけか?

本家Permlink


2009年01月21日

「見える化」の反対はなんだかわかるか?

「見えない化」じゃない。

見ようとしないことなんだよ。
目をつぶることなんだよ。

自分もあんまりエラソーなことはいえないんだが。

どうも「数が増える」ことへの恐怖心があるみたい
なんだよな。これは人間の本能なのかもしれない。

でも、管理っていうのは、やんなきゃいけないことを
洗い出して、そいつらに優先順位をつけてくことだろ。

いや、他にもやんなきゃいけないことはたくさんあるけど。
それでも、やんなきゃいけないことを把握するっていうのは、
管理っていうんならやんなきゃいけねぇことだろ。

やんなきゃいけないことを洗い出せば、そりゃ、やんなきゃ
いけないことがたくさん出てきて「うわー、これぜんぶ
やんなきゃいけねーのかよ!」ってウンザリすることも
ある。でも、だからって目をつぶったって何の解決にも
ならねーし、それどころか、解決から遠ざかるだけだろ。

数が増えることへの恐怖っていうことでいえば、関数や
クラスの切り出しにもいえる。だから、「人間の本能
なのかもしれない」っていったんだ。

これだけ「関数は切り出したほうがいい」「モジュールに
分割しなさい」っていわれてるのにやろうとしない。
もう、なんか、コードを分割することに対して恐怖心を
抱いているとしか思えんよな。

ストーリーやタスクもそうだけど、数が増えるのは仕方
ねーことでさ。どっちかっつーと、増えるほうが自然
なんだよな。人間に予知能力はねぇんだから。

だから、増えないように何か努力するなんてムダなことでさ。
淡々と1つずつつぶしてくとか。大量なら大量で、その
大量にどう対峙すりゃいいか考えるとか。そういう
態度が求められるだろ。

--

見ようとしないことが常態となれば不感症になる。
そして変化に対応できなくなる。

本家Permlink


2009年01月20日

いや、「天下りは悪いことばかりじゃない」っていう
のはフツーにある話じゃなかったかな。

役所のシキタリを熟知している人物が私企業に移ることで、
その企業が役所と円滑に事を運べる。まぁ、これは癒着の
温床にもなるんで一般的には悪いことといわれてるんだけど。

たとえば、いわゆる「ヤメ検」なんかも天下りの一種と
いえなくもない。まぁ、これやフツーは「下野」と呼ばれて、
あんまり悪いイメージはないかな。

まぁ、自分は役人自体嫌いなんで、いわゆるDDIな話。

--

「みんなの迷惑になるから帰れ」っていえば済むこと
じゃん? そのほうがお互いのためになるんだし。

なんか、コミュニケーションっていうのをナァナァな
ものと勘違いしてるんじゃない? 伝えたいことを伝える
のがコミュニケーションの原点だろ。

もちろん、表現の巧拙はある。言い方ひとつで相手が
傷つくこともある。

でも、肝心なのは、相手を思っていってるかどうかだろう。

最近知った言葉に「3つの『り』」というのがあって:

* 気配り
* 目配り
* 思いやり

それと、前にも書いたけど、respectの日本語訳は
「思いやり」なんだよ。

ゴホゴホ咳してるヤツがいたら、休ませるだろ。それが
思いやりだろ。

それから、そういう雰囲気を日頃から作っとかないと
いけないんだよ。ふだんからキツキツに仕事してて、
いきなり「休め」なんていっても、誰も聞きゃしないん
だから。

いや、なんか、こう、アジャイルとかファシリティとか
みんないうけどさ。原点は、こういうところだろ。
人の視点に立たずにソフトウェア開発なんてできるはずも
ない。

--

「東洋経済」の大阪産業大学の記事。

やっぱり野村証券にはコンプライアンスのコの字もねぇな。

本家Permlink


2009年01月14日

技術者としては、技術に誠実であることがすなわち
顧客にも誠実であると信じる外ない。

本家Permlink


2009年01月13日

その仕事が好きか嫌いかなんて、仕事が一人前にできて
からいうことだろう。仕事の奥深いところを知ろうとも
せず、表層だけで好きだ嫌いだと騒いでいるのでは、
ただのガキと変わらない。

本家Permlink


2009年01月09日

やったよ。キリン、ガンランスで。40分針。

ネコートの雷電ね。もちろん上位装備で。

本家Permlink


2009年01月08日

当然というか、やっぱりというか、toRubyの告知をした
けど、まったく効果がなかった。

前回からdRubyの本を読みはじめたんだけど。ほとんどの
人がノートPC持参で、今どきのノートPCだったら無線LANは
使えて当たり前なので、みんなでアドホックでつながって
dRubyやって楽しく盛り上がった。

まぁ、自分はノートPC持ってないんですけど。いや、
持ってるんだけど、ホコリをかぶってる状態で、それを
また引っぱり出すのが面倒というか。

というわけで、DellのUbuntuのネットPC買おうかと
去年から考えてるんだけど。

本家Permlink


2009年01月06日2

ああ、そうだった。プライム会員になったんだっけ。
クロネコだからセブンで受け取れる。

--

というわけで、明日のtoRubyには間に合いそう。

『dRubyの本、持ってたよなぁ』と思ってたら、黄色い
ほうだった (笑)。

toRubyだけど、一見さん、素人さん、大歓迎だから。

活動内容は、表向きは読書会になるんだろうけど、
一番時間割いてるのはライトニング・トークだから (笑)。

もちろん、一見さんにそんなヘビーな話を期待してる
わけじゃないし (したらしたで大歓迎だけど)、自分
なんかの場合、なんも用意しないでその場で思いついた
ことをしゃべってるだけだし。

あんまり期待されると肩透かしになっちゃう可能性が
大きいけど。ま、気軽に、ね。

場所やなんやかやは:

http://pub.cozmixng.org/~the-rwiki/rw-cgi.rb?cmd=view;name=toRuby;em=toruby

--

つーか、ここ読んでる時点でもう期待薄なんだけど (笑)。
学生さんとか、女学生さんとか、女性とか、Rubyもいい
けどモンハンもねみたいな人とか。

ちなみにまだ自分は上位をウロチョロしてます (笑)。
キリンが。
ガンランスでキリンが。

本家Permlink


2009年01月06日1

それと、いわゆる「ネタ」じゃないと公開が許されない
ような雰囲気があるのもどうかと思う。

ニコニコ動画なんかを見てても、うp主が過剰に視聴者を
意識してて。見るほうも見るほうでネタしか期待してない。
「つまらんもんをうpすんな」みたいなコメントがつく。

いや、ヘタクソなプレイ動画でもいいと思うんだけど。
3死動画でもいいと思うんだけど (笑)。

--

いや、あんまり景気の悪い話は書きたくないんだけど。

いわゆる「専門家」のほとんどが2009年後半には回復に
向かう、とかいってるんですけど。まぁ、いろんな
表現があって、2009年後半には底を打つとか。

ほんとかね。はずれたら腹を切るくらいの覚悟とか
あるんかね。

本家Permlink


2009年01月06日

近所のローソン、潰れちゃったんだよ。
セブンで受け取れるようにしてくんないかね、amazonさん。
ファミマでもいいけど。

本家Permlink


2009年01月05日

Meadowはもう活動してないと思ったほうがいいんですかね。

仕方ないんで、Franzが配布してるヤツ:

http://www.franz.com/emacs/

使いはじめたんですけど。日本語入力がよくわかんなくって。

で、M-x describe-input-methodやったら、ちょっとは
使えるようになったかな。最初は『カタカナ入れんの、
どうやんの?』っていうレベルだったから (笑)。

SKK使えればそれに越したことはないんですけどね。

あ、ちなみに、.emacsで日本語のためにやってるのは:

(set-language-environment "Japanese")

だけですね。これを.emacsのはじめにやってます。

あと、M-x shellでCygwinのbash立ち上げたいんですけど。
やり方がサッパリわかりません。eshellって、ちょっと
クセがあって、あんまし好きになれないんですよね。

本家Permlink


2009年01月02日

『野村ノート』(野村克也、小学館) の中に:

  仕事の3大要素は「計画」「実行」「確認」というが、
  そのなかでも計画は特に重要である。

というのを見つける。前に書いたソフトウェア開発の
3大基本活動に通じる。

?bakaid=20080413

--

なんか、去年、地頭 (じあたま) なんてことが騒がれたん
だけど。

そんなもん、いらねえんですよ。

ソフトウェア開発頭がほしいわけでしょ。

そのためにはソフトウェア開発っていうものをしつこく
考えるしかねえんですよ。

ソフトウェア開発っていうのはネタの宝庫でね。技術は
もちろん、組織のことだって考えなきゃいけない。
それなのにソフトウェア開発のことを考えずに他のことで
思考回路を作ろうとしたってダメですよ。

他の分野にヒントを求めることはあっても。でも、その
ヒントがほんとにソフトウェア開発に活きるかどうかっ
ていうのを考えなきゃいけない。

--

『野村ノート』なんだけど、やっぱり管理職っていうのと
リーダーっていうのは違うんじゃないの? で、野村さんは
リーダーっていう感じじゃないんだよね。

リーダーっていうのは天性のもんじゃないかと思うんだ
よね。人が人を担ぐのに理由らしい理由なんてあんまり
ないんだよね。で、人が勝手に担いでくれるのがリーダー
であって。それがリーダーシップって呼ばれるものだろうし。

--

ん? C++の比較演算子はboolを返すんじゃないの?

だから:

  return t != 0;

だけでtrueかfalseが返されるでしょう。こんなんで
コンパイル警告が出た覚えはないし。

それと、enumを配列の添字に使うことだけど、行儀と
いってしまえばそれまでだけど、本質的には型の問題の
はず。型の問題を行儀という一言で済ますには問題が
ある思うのは、自分がお行儀がいいからなんですかね (笑)。

ああ、あと、『よく使われる変数だったら短い名前の
ほうがいい』っていうのの問題点は、実際に使ってみる
までそれがよく使われる変数かどうかわからないって
こと。まぁ、自分も長い名前は好きじゃないんですけど。

まぁ、フォーマッティングとかは仕方ない面があるから。
その組織の伝統みたいなものがあって。外から見たら
クソだと思えるフォーマッティングでも。

--

そうそう。なんかしんないけど、データをバイナリで
保存したがる人がいるんだよね。fwriteでfreadすれば
簡単じゃん!みたいな感じで。

これって自分には結構ショックで。自分はデータは
テキストで保存するのが当たり前って思ってきたから。
いちおう、曲がりなりにもK&R世代だし。

そりゃバイナリ使うときもあるよ? でも、デフォルトは
テキストじゃん。こんなんをジェネレーション・ギャップ
とかいわれたくねぇよなぁ。

本家Permlink


2009年01月01日

名古屋で流行ってるロールプレイングゲーム、な〜んだ?

デラクエ

本家Permlink


Copyright © 1905 tko at jitu.org

バカが征く on Rails