2005 6 7 8 9 10 11 12
2006 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2007 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2008 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2009 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2010 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2011 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2012 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2013 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2014 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2015 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2016 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2017 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

ホーム

2008年12月31日

うわ、今日、大晦日だったのかよ。30日だとばっかり思ってた。
しかも、今気づいたのが夜8時って。

本家Permlink


2008年12月25日

本を買う習慣を持たない人がいるわけだから。
そういう人に、いくら本を読めといってもムリがある。

--

不景気になるっていうことは、仕事が減るっていうことで。
仕事が減れば、時間が余る。その余った時間をどうするか
っていう話でもある。晴耕雨読。

--

確かに、不景気は下剋上の好機であるわけで。
だから、若い人に起業するなとはいわない。

--

そう。行動に出てはじめて『オレは変わったんだ』と
いえるわけで。行動に出れないところがgdgdilerの
gdgdilerたるゆえん。

--

そうそう。中学の数学でよくある図形問題で『補助線』
使うようなのがあるでしょ。その補助線なんだよね。

で、そういう補助線っていうのは、いわゆる『モデリング』
って呼ばれる手法とは違うわけでしょう。モデリングって
いうのは、現実をありのまま写すっていうのが一般的な
解釈だから。

補助線っていうのは、出題図には見えないんだけど、それを
使うことで問題をスッキリ解くことができるっていうもので。

だから、それが設計なんだよね。補助線見つけることが。

だからむずかしいともいえるわけで。だって、現実には
見えないんだから。そういう補助線を見つけるには、
経験も必要だろうし、試行錯誤も必要だろうし。

『単純は獲得するものだ』っていうのもおんなじことだよね。

--

まぁ、ツウの人は『いや、正しいモデリングは・・・』
みたいな意見を持ってるだろうけどね。

--

だから、慣れてる人とか、センスのある人は、パッと
補助線を見つけられるんだろうね。

本家Permlink


2008年12月24日

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%BC%E3%82%BB%E3%83%B3

へー、アクセンチュアって、エンロンの片棒担いだ
アンダーセンの子会社だったのか。

--

機運なんていくらでも転がってるでしょう (笑)。

今は年末なんだし、今年一年をふりかえろう、みたいな
切り口でもいいだろうし。

結局、機運っていうのは、自分の気持ちだったりするん
ですよ。だから、周りじゃなく、自分から変わろうと
することが大切だといわれるわけで。

そして、変わったといえるのは、行動を起こしたとき
だけですよ。

本家Permlink


2008年12月23日

コスト意識が低いといわれても、そりゃしょうがないと
しかいえないなぁ。残業を無秩序に許してるんだから、
どうしようもない。

一般に、残業は、通常の労働より高い賃金が支払われる。
ある製品を作るのに8時間必要だとして、通常労働で
8時間かけるより、残業労働で8時間かけるほうが高く
つく。

残業のほうが高い分だけスケジュールを前倒しにできる
けど、それがどれだけ優位を生むかは、ほとんどの場合、
はっきりしないだろう。

コスト管理というからには、労働時間を管理しないと
話になんないわけで。でも、それをやんないんだから、
しょうがないとしかいえない。

いいかえるなら、計画や管理の不十分さを残業代で補って
るようなもので。それは本来代替可能なものじゃないから、
どっかでひずみが生まれるよね。

もちろん、サービス残業はダメだしね。

計画っていうのは、現実とあまりにかけ離れていると
害悪になるし。誰も計画を信じなくなったら、計画は
ないもおなじで、それは管理が行われていないという
ことでもある。

物事を管理しようとするんなら、保守的にならざるを
得ないんだけど。かといって、ある程度は挑戦的な
目標じゃないと士気が上がらない。そのへんは難しい
んだろうけどね。

結局のところ、スケジュールもカネも固定されてる
ことがほとんどだから、やっぱりスコープを変える
しかないんだけど。なぜか残業のほうに回っちゃう
んだよね。残業もカネの話なのに。

--

ああ、1つウソを書いたかな。

  残業のほうが高い分だけスケジュールを前倒しにできる
  けど、それがどれだけ優位を生むかは、ほとんどの場合、
  はっきりしないだろう。

これは契約とか、サービスとかにもよるか。

本家Permlink


2008年12月21日

コードは手本である。

誰かが新しい機能を追加しようとするとき参考にするのは、
そこに書かれているコードである。彼は、そのスタイル
だけでなく、設計すらも手本として新しいコードを書き
加えていくことだろう。

したがって、コードは、常に、よき手本となるように
書かれねばならない。設計とは、よき手本となるような
コードを書くために考えることともいえるだろう。

もし手本がまずければ、次に書かれるコードもまずくなる。
こうした悪循環は、どこかで断たなければならない。
それも、できるだけ影響が小さい段階で断つほうがよい。

--

結局のところ、PGの信ずるところは競争原理なのだな。

別に自分はそれを否定も肯定もしないけど。自分には
それを判断できる能力はない。

ただ、PGを信奉する人たちがそれを理解してるかどうか
ちょっと心配ではある。勝つこともあれば負けることも
あるのが勝負の常。負けたときに負う傷の深さがどれ
ほどのものになるか、その問いにはPGは答えてくれないよ。

本家Permlink


2008年12月19日

ヘンな「ジョーシキ」を広めないでほしいね。

何度も書いてるけど、「読む」っていうのは、1文字
1文字シーケンシャルに目を動かすっていうこと。だから:

const char name = "Tom";
       int age  = 20;

といったフォーマッティングは「読む」ことへの障害と
なる。だから、「常識」的に:

const char *name = "Tom";
int age  = 20;

と書く。それが人間が慣れている「読む」という行為に
沿った書き方。

例外は、コードをデータっぽく見せたいとき。そういう
ときはテーブルっぽく表現する:

struct Person {
  const char *name;
  int age;
} persons[2] = {
  {"Tom",  20},
  {"Mary", 18}
};  

テーブルっぽく見せることで、データの抜けに気づき
やすくなる。

そんなに美麗なフォーマッティングがいいっていうんなら、
Linusなり、Larryなり、matzなりをそれで説得してみろって。

修行が足りん。

って、よく見たら、結構古い話題なのな。

本家Permlink


2008年12月17日

リストカットクラブww シュールww

って思ったら、ビスケットクラブだったよ。

いや、つづりおかしいと思ったよ。最初のBがRに
見えたんだけど、Wじゃなきゃおかしいから。

--

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20081215/321442/

さすがに黙っておくのはヒキョーというものだろうね。
といって、失敗を楽しみにしてたわけじゃないけど。

とにもかくにも、おつかれさまでした。大きな事故が
起きなかったのは、みなさんの努力の賜物でしょう。
いつか、その経験が広く業界に活かされることを望み
ます。


ただ、システムはこれで終わりじゃないわけで。まさに
この金融危機で、銀行が生き残っていけるかどうか、
システムの真価が問われるわけで。

本家Permlink


2008年12月16日

時間とカネは相対的な関係なんだなぁ。

カネより時間が安くなれば、賃金も安くなる。その逆も
然り。

まぁ、賃金っていうのは一例にすぎないけど。

いわれてみれば当たり前のことなんだけど。自分なんかは、
「時間がカネで買えるんなら安いもの」って考えちゃう
んだけど。そうもばっかりいってらんないよね、こんな
世の中じゃ、ポイズン。

本家Permlink


2008年12月15日

agileっていうのは鉄の味なんだよ。甘くも辛くもない。
まさに鉄としかいえない味なんだよ。

agileっていうのは、今困ってる人がすぐにはじめられる
ものじゃなきゃいけない。次のプロジェクトからじゃない。
明日からでもない。まさに今日この瞬間からはじめられる
ものじゃなきゃいけない。

最初から全速力っていうわけにはいかなくっても。でも、
そんなことは関係ない。前に進む力を与えられるかどうか
なんだから。

いつまでもおとぎ話をしてるんじゃない。すでに現実は
動いていて、agileを欲してるんだから。ただそれに応えれば
いいだけ。現実という鉄にかじりつかなきゃダメだろう。

本家Permlink


2008年12月10日

リファクタリングはタンヤオなのだよ。

ホンイツほど凝ってるわけでもなく。ピンフほどきっちり
しなきゃいけないわけでもない。かといってリーノミの
ように無秩序というわけでもない。パイを中に集めていく
感じは、重複をなくしていく感じに似ている。鳴くことの
できる身軽さは、コードをあっちからこっちに移す身軽さに
通じる。シンプル・アンド・ライトがタンヤオであり、
リファクタリングである。

--

何度も書いてる気がするけど、単純と安易は違うよ。

単純っていうのは獲得するものだから。

「単純に考える」っていうのは、「結果が単純になる
ような方策を考える」っていうことで。最初に思い
浮かんだ案を採用するっていう意味じゃないんだよ。


本家Permlink


2008年12月05日

なんか、『金融危機が実体経済にも影響を与えつつある』
なんていう話をよく目にするんだけど。これ、おかしいよな。

実体経済っていわれてるもんを支えてたのは、米国の個人
消費なわけだろう。で、その個人消費っていうのは、土地
神話をベースにした借金で生まれてたわけだろ。だったら、
もう、どこまでが実体でどっからがバブルかなんていえない
だろ。

トヨタだって儲かってたじゃん? 生産台数で世界一だぁ
なんていってたの、つい最近だぜ? (2007/09) あれが
バブルのおかげじゃなかったなんて、誰もいえないだろが。

実体経済なんていってるヤツは、結局スケープゴート
探してるだけでさ。自分が儲けてたこと隠したいだけ
なんちゃうんかといいたいね。

--

ハッカー、あるいはGoogle、あるいはシリコンバレーの
無謬性を無邪気に信じていいものか。

本家Permlink


2008年12月03日

少なくとも「PG (ピージー)」は蔑称として使われることが
あるくらい知っとけや。少なくともオレはピージーと
呼ばれたくないしな。正しくプログラマと呼べ。尊敬って
いうのはそういうとこからはじまるんだろが。

本家Permlink


2008年12月02日

ちょっと軽々すぎるか。

本家Permlink


Copyright © 1905 tko at jitu.org

バカが征く on Rails