2005 6 7 8 9 10 11 12
2006 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2007 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2008 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2009 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2010 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2011 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2012 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2013 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2014 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2015 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2016 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2017 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

ホーム

2008年10月31日

;;; 改行を空白に置き換えて複数行をつなげる
(defun joinlines (begin end)
  (interactive "r")
  (save-excursion
    (save-match-data
      (subst-char-in-region begin end ?\n ?\s))))

本家Permlink


2008年10月28日

量とは何か。量とは日々繰り返される作業そのものの
ことである。コードというものは、その日々繰り返される
作業の出力の一部に過ぎない。

日々繰り返される作業を見つめることから質というものが
生まれる。ムダなことをやっていないか。機械化できる
ことはないか。そういう問いを発し続けることによって
量から質が生まれる。

--

KYというのも才能の1つとは思うが。けれども、それが
許されるのはごく一部の天才だけだ。諸君らのような
凡人、しかもクチバシの黄色い新人に許されるはずも
ない。

『空気を読む』ということは、結局は人を観察するという
ことだ。

要は観察が足りないのだ。見ようとすれば見えるものを
見ない。聞こうとすれば聞こえるものを聞かない。

観察が不得手では技術者として失格だ。

本家Permlink


2008年10月27日

設計なきコードは無能なり
コードなき設計もまた無能なり

拳禅一如

--

質は量の中にあり

量の中から質を見出す

--

以上、押忍!

本家Permlink


2008年10月23日

オイ、新人ども。よっく聞けよ。

ソフトウェア開発で一番重要なのは、ソフトウェアを
リリースするってことだ。

未完成なもんにカネ払ってくれる人なんざ、このフケーキじゃ
一人だっていやしねーんだからな。

だから、明日リリースだってときにバグが見つかったら
徹夜してでも直すのが当たり前なんだよ。そこはXPとか、
sustainableとかはカンケーネー。それがビジネスだし、
喰っていくってことだ。

ただし、だ。完成品つっても中身はピンキリだ。けど、
オレたちは技術者だ。だから、リリースするその瞬間まで
精一杯品質を上げるんだ。

オイ、ヒヨッコども。こんなご時世なんだから、いつまでも
甘えてられると思うなよ。

本家Permlink


2008年10月22日

む。ウォンか? ウォンなのか?

--

今ごろ気づいたんだけど、WinXPのIEって、リンクを
右クリック→新しいウィンドウで開くっていうのと、
Shift+左クリックで動きが違うのね。右クリックだと
リンクの色が変わんない。

本家Permlink


2008年10月20日

ここ数年株価がちっとも上がらねぇシャチョーのいう
セリフじゃねぇな。

--

こないだと矛盾したこと書くけど、たとえば電子政府に
しても、そんなに成功したとはいえないわけでしょう。
っていうことは、やっぱりまだ余地は残ってるんじゃ
ないかと思うんだよね。

ただ、お金を出すのはお客さんだから。お客さんが
お金を出してやろうって思わないとはじまんないん
だけど。そういう雰囲気がないでしょう。そこが問題。

本家Permlink


2008年10月15日1

ちょっとクドイけど、やりがい最大化と時短は両立できる
とは思う。

で、ホウレンソウって、自分はあんまり好きな言葉じゃ
ないんだけど。なんでかって考えたら、これって、上から
目線で語られることが多いんだよね。上の者が下の者に
要求するばっかりで、その逆っていうのは語られることが
ない。

まぁ、決断っていうのは上の者がやるもんだとしても。
だからっていって、上から下への経路がなくってもいい
っていう話にはなんないよね。

--

む。国際高校のほうだったか?

しかしコンビニ多いね。こっちよりよっぽど多い (笑)。

本家Permlink


2008年10月15日

電マの達人ワロス

--

ふむぅ。

でも、やりがいが大きければ労働時間は長くもできるし、
やりがいが小さければ労働時間は短くしろということも
いえるんだなぁ。

このへんは実際はビニューなところもあって、やりがい
っていうのは感じ方に個人差があるし、労働時間も
家庭の事情とかあって結構同じ価値観を共有できない
もの。

まぁ、でも、健康や家庭を大切に働いてほしいっていう
のはあるけどね。

本家Permlink


2008年10月14日

``opportunity''は「機会」って訳すのが一般的だろうけど。
XPでいうopportunityは、「きっかけ」っていったほうが
しっくりくる。

不具合にしてもそうだけど、それをきっかけと捉えて
システムをよくする。

システムだけじゃなくって、開発活動全体にも同じことが
いえる。

そういうきっかけっていうのは、実はゴロゴロ転がって
たりするもんで。それを見逃さないことが大切。


違う見方をすれば、opportunityっていうのは、とっても
ポジティブな言葉なんだね。失敗は成功の母っていうか。

そういうことは、みんなわかってるんだけど、どうしても
失敗っていうもんをネガティブに捉えちゃう。失敗を直視
できなかったり、表層でしか捉えなかったり。

次につなげないと失敗っていうのは、ほんとに意味がなく
なっちゃう。詰め腹を切らせて終わりとかじゃsustainable
じゃないでしょ。

--

もちろん、opportunityっていうのは、何も失敗だけを
きっかけとして捉えるわけじゃなくって。

たとえば新人が入ってきたら、それをきっかけにもう
一度基本を見直そうとかね。

あるいは:

http://www.juse.or.jp/q-month/index.html

みたいなのもムリヤリではあるけど、1つのきっかけを
作ろうとしてるわけ。

本家Permlink


2008年10月10日


本家Permlink


2008年10月08日1

2台目届いた。

どうして、こう、保護フィルム貼るのってむずかしいんだろうね。
必ずホコリが入り込むからね。ズレるし。貼るサービスとか、
どっかやってないのかね。

ちなみに、前は水色だったけど、今度は黒ね。

保護フィルムの他にシリコンジャケットっていうの? 買ってみた
んだけど、思ってたのと違っててガッカリ。アナログパッドの
とことか、十字キーのとことか、穴空いてんだよね。当たり前
っちゃ当たり前なんだけど、自分は穴が空いてないことを期待
してたんだよね。

ラップにでも包んだほうがいいんじゃないかと思うんだよね。
それだったら手垢とかで接触不良にはならないじゃん。それで
ダメだったら、やっぱり作りがヤワだってことだし。どうせ
モンハンしかやらないんだし。

--

まぁ、自分は、torubyくらいしか参加してないし、torubyを
勉強会とは思ってないんだけどね。torubyはユーザグループ
だと思ってるから。

で、まぁ、そういう感じで参加してるんならいいんだけど。
趣味の合った人たちとワイワイやるっていうんならね。

でも、勉強っていうは、本質的に孤独な作業だと思うんだ
よね。結局、他の誰でもない、自分が理解しなきゃいけない
んだし。他人が手助けすることはできても、最後は自分
一人の問題になるんだよね。

--

それと、やっぱり組織っていうのは、そう簡単に変わる
もんじゃないから。それをグチってもしょうがないって
いうか。自分が未熟であると悟って、少しずつ前に進む
しかないよね。

自分一人を変えるのがこんなにもむずかしいのに、他人を、
ましてや集団を変えるなんていうのは、もう不可能じゃ
ないかって思うよね (笑)。でも、そこであきらめたら
終わっちゃうわけだし。

--

転職とかで環境を変えるっていう手はあるにはあるけど。
でも、環境が変わったら変わったで、またゼロから信頼を
築いていかなきゃいけないわけだし。

本家Permlink


2008年10月08日

へへ。このページも落ち目だねぇwww

つか、もともと大した影響力もなかったけど。

本家Permlink


2008年10月07日

これから先、1年か、2年か、あるいはもっとか、どれ
くらい先までかはわからないけど、まぁ、仕込みの時期だと
思うんですよ。

基礎体力をつける、自分の幅を広げる、得意分野を深化
させる、いろいろ方向性はあってもね。

まぁ、技術者は、常にそういう研鑽を心がけなきゃいけ
ないんだけど。でも、こういうご時世のときはなおさらね。

稼げるうちに稼いでおくっていうのもわからなくはない
けど。でも、そんな姿勢で乗り越えられるような感じじゃ
ないでしょ。

--

まぁ、そんなに悲観してるわけでもないんだけどね。

本家Permlink


2008年10月06日1

そういえば、こないだ、PSPの調子がおかしくなった
ことを同僚に話したら、『なんというタイマー、テラ
ソニーwww』みたいなこといわれた。新型PSPに合わせて
発動したんじゃないかっていうね。

まぁ、でも、2台も買ったらWii買うより高くつくんだよね。
PS3だとさらにもう一台分余裕があるけど。って、そういう
話じゃないだろう (笑)。

アナログパッド、週末は復活してたんだけど、さっき
いじったら、またおかしくなってた。やっぱ買うかなぁ。
つか、新型、もう売ってんの? マイクなんてどうでも
いいから、壊れねぇ機械作ってくんねぇかな。

--

BUBKAのハルヒの記事、面白いね。

本家Permlink


2008年10月06日

ん〜。日本人って、幕の内弁当みたいな、チマチマっと
したデザインが嫌いじゃないっていうのがあるんだろう
けど。でも、そういうデザインが好まれるのって、
やっぱり日本ローカルの話だと思うんだけどなぁ。

本家Permlink


2008年10月05日


本家Permlink


2008年10月03日

オレ、今日、仕事上がったら、ツタヤで武装錬金一気買いして、
一気読みするんだ・・・

本家Permlink


2008年10月02日

コンシューマ、というか、新規顧客の獲得を義務づけ
られてる製品っていうのは、Appleの例を見るまでも
なく、ファンと呼ばれるようなユーザ、あわよくば、
エンスーとかエバンジェリストとか呼ばれる熱心な
ユーザを魅きつけないといけない。

ファンを魅きつける要因っていうのは、様々あるんだ
ろうけど、自分はその1つに「モダンさ」をあげたい。

モダンさというのも、かなり曖昧な言葉だけどね。でも、
「なんとなく新しい感じがする」程度の意味合いで
十分通じると思う。

モダンさを演出するには、たとえばフォントを変える
といったものもあるだろうし。機能面で演出できることも
あるだろうし。そこらへんはみんなで知恵を絞らないと
いけないところ。

--

そうそう、昨日、torubyで渋川さんから小悪魔の話を
ちょっと聞かせてもらったんだけど。その「小悪魔ageha」
にしても、「野球小僧」にしても、雑誌不況とか
いわれてる中でも、当てることはできるんだなぁと。

小悪魔のほうは全然知らないんだけど、多分、野球小僧と
おんなじで、「オレオレ雑誌」なんじゃないかと想像
するんだよね。自分の好きなものを「これでもか!」って
いう感じ押し出すみたいな。

そういうオレオレ目線っていうのは、結局は読者目線と
おなじことが多いんだよね。まぁ、両者が乖離しちゃう
危険性もあるにはあるんだけど。でも、他の雑誌みたく、
「広告主のための紙」なんていう、つまんないものには
ならないよね。

だから、やっぱり作る側、売る側が、自分の製品、
あるいはその製品の「目のつけどころ」みたいなものに
絶対的に自信を持ってないとダメなんだよね。「目の
つけどころはいいけど品質が悪い」っていうことも
あるから気をつけなきゃいけないけど。

--

バブルのころ? monoマガジンっちゅーのが流行った
んだけど。今はオンライン・ショップとかもやってる
みたいなんだけど。チラ見した限りだと全然ダメだよね。

Web 2.0なんていうのは死語になりつつあるかもしんない
けど。それにしてもこれはない。上で書いた単なる広告
雑誌のノリだもんな。

本家Permlink


2008年10月01日1

クッソー! PSPのアナログパッドが接触不良起こしやがった。

モンハンのやりすぎったって、5月か6月に買ったばっかだぞ。

さすがソニー製品は違うな。

修理なんか出すのメンドーだから新しいの買うけど。
ほんっと地球に優しくないメーカーだよな、ソニーって。

--

テキスト、つまり自分ら日本人にとっちゃ日本語ってこと
だけど、そのテキストが極めて重要なユーザ・インターフェイス
であるってことがわかってんの?

こんなバカな自分でさえ、『その日本語、おかしいだろ?』
って思うようなテキストをお客さんに見せるんじゃねぇっての。

『為に』なんていうのは、もう使わねぇんだよ。いつの
時代のテキストだよ。新聞、ちゃんと読んでんのか?
いや、オレは読まねぇけどな。でも、こんなのはジョーシキ
だろ? ジョーシキ知らねぇ自分がいうのもナンだけどよ。

なんかグラフィックのデザインとかはデザイナーとかの
専門家に任せるけど、こういう日本語の文面とかはノー
ケアって、おかしいだろ。

文面っていうのは結構恐いんだよ。見る人が見りゃバカ
丸出しってことになっちゃうんだから。こういうのは理系も
文系も関係ねぇ、ビジネスとして当然のことなんだよ。

ちゃんと校正しろや。

--

なんつーかな。文字とか記号とかに弱いんだよな。
本能的に読もうとしない、避けるっていうか。上の
テキストの話にしてもそうだし、コードにしたってそう。

そんなんでいいプログラムなんて書けねぇっつの。

最近何度か書いてっけど、プログラムっていうのは
記号1つ間違えただけで大損害被ることだってあり
得るんだから。

本家Permlink


2008年10月01日

何度も書いてるけど、やっぱ分散VCSのほうがいいよね。

自分らプログラマとしたら、結構細かい単位でコミット
したいじゃん? XPでいえばタスク単位とか、TODOリストの
アイテム単位な感じで。

でも、リリース・マネジャみたいな人からしたら、
あんまり細かい単位だと巻き戻せなくなっちゃいそうで
恐いじゃん? ストーリー単位くらいを望んでるじゃん。

で、どっちも助けてあげたいって思うわけじゃん?

そうなると、チーム全体でも、プログラマのローカルでも
VCS使えたほうがいいってことになるじゃん。

まぁ、チーム全体ではCVSとか使って、ローカルでは
RCS使うとかっていうのもあるんだけど。やっぱそれって
メンドーじゃん。

そうなるとやっぱり分散VCSってことになるんだよねぇ。

まぁ、現実問題、自分とこで導入するのはむずかしいん
だけど。でも、これからはじめる人たちには絶対絶対
分散VCSを勧めるね。

gitでほぼ決まりっぽいしね。

本家Permlink


Copyright © 1905 tko at jitu.org

バカが征く on Rails