2005 6 7 8 9 10 11 12
2006 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2007 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2008 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2009 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2010 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2011 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2012 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2013 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2014 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2015 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2016 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2017 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

ホーム

2005年12月28日

http://ww5.tiki.ne.jp/~metoron/2004diary04.htm

ファミコンとApple IIって石がおんなじだったんですね。いわれてみて改めて
気づきました。それでもって、Apple IIのゲーム作ってた人が初期のファイナ
ルファンタジーを作ってたというのを初めて知りました。かなり有名な話のよ
うですけど。

http://homepage2.nifty.com/kamitoba/rank/votecp.html

自分、ゲーム業界には詳しくないんですけど、有名なプログラマっていうのも
いるんですね。っていうか、世間的には、いわゆるハッカーよりも有名なんで
しょうね。

--

ニンテンドーDS、売れてるっていうけどほんとかね。つっても自分も買ったん
だけど。でも、乗る気しないんだよね、今でも。

DSの何がダメって、まずデカい。それに重い。こんなん携帯するの? マジで?
持っててダルくね? そんな感じ。

GBA-SPが素晴らしすぎるってことになるのかな。SPなら軽いし、ちょっと無理
すれば片手で操作できる。

SPよりミクロのほうがいいっていう人もいるだろうけど、それならわからなく
もない。でも、SPなら折り畳んで上着のポケットなんかに入れられるけど、ミ
クロだと保護シートとか貼らないといけないでしょ。

DSはポケットにも入らないけどね。子どもたちはどうやってDS持ち運ぶんだろ。

DSは、そのズッシリ感のせいもあるし、案内画面のせいもあるし、ステレオ・
スピーカーのせいもあるし、売り値は15K切るくらいだけど、なんか高級感が
あって、それもイヤ(笑)。ゲーム機らしくない。ゲーム機ってのは『ちょっと
雑に扱っても大丈夫』と思わせるような雰囲気が大事でしょ。ここまでやるん
ならPCのほうがいいかも・・・ってのは極端だとしても。でも、キーボードつ
なげたくなる時点で何か違う気がする (笑)。

そんなわけで、SPにはまだまだがんばってほしいなぁ。つーか、ファイアーエ
ムブレムがGBAで出なくなるのはスゲーイヤなんだけど。

PSP買う予定は相変わらずない。DS買ったのもGBAのゲームが動くからだし。

本家Permlink


2005年12月23日

どうもApacheの設定がわかってなくって、~/tko/cgi-bin/*.rbはCGIで実行し
てほしいんだけど、それ以外の場所ではテキストとして表示してほしいっての
ができませんでした。でも、ちょっと調べてみたらすぐわかりました。

<Directory /home/*/public_html>
    AllowOverride FileInfo AuthConfig Limit
    Options Indexes SymLinksIfOwnerMatch
</Directory>

<Directory /home/*/public_html/cgi-bin>
    Options ExecCGI
    SetHandler cgi-script
</Directory>

これまではAddHandlerでやってたんですけど、それだとどこでもCGIになっちゃ
います。そっちは消しました。

--

これ書いたっけな? JoelにナントカおばさんのためのUIなんて話がありまし
たよね。くどいくらいに確認するとかそういう話。で、その対極にあるのが
UNIXのコマンド群ですよね。『沈黙は金なり』ってヤツ。cmpとか典型。

で、もしこの『沈黙は金なり』をTDDに導入すると? これが結構寒いんです。
ドットが表示されるのに慣れちゃってるせいもあるんですけど。

でも、UNIXのコマンドって寡黙なことは寡黙なんですけど、何もしゃべらない
わけじゃないんですよね。CUIにはプロンプトがありますから。

このプロンプトの重要性っていうのをstippedのテストで痛感しました。テス
トの中で、stippedをスレッドで回すんですけど、そうするといつ出力が終わっ
たか分かりません。で、プロンプトを設定できるようにしたんですね。プロン
プトが出てくれば出力が一区切りしたと見なすわけです。もちろん、通常の出
力中にはプロンプト文字列が出ないように注意が必要なんですけど。

だからUNIXのコマンドでも『便りがないのはいい知らせ』なんかじゃなくって、
ちゃんと返事を寄こすと。それはコマンドに実装されてるわけじゃないですけ
ど。

そういう意味じゃやっぱりプロンプトは目立つに越したことはないわけで。

--

小坂がトレードって、あり得ないだろ。

本家Permlink


2005年12月22日

久しぶりに書いたと思ったら4コマのネタですまんね、こりゃどうも。

『まんがくらぶオリジナル』の今出てるヤツによると、『ねこまんが』の3巻
が1/7に出るそうな。信じられん (笑)。

で、今回のネタとして『丸山技研のポット』というのが紹介されてるんだが、
この丸山技研、今どきホームページもないってどういう会社だ (笑)。ザッと
調べたところ、新潟の会社のようなんだが。ポットよりもタコ焼き器で有名ら
しい。

それはそうと、『けものとチャット』はもう買ったか? 前にも紹介したこと
あったろ? みずしな孝之はササキ様のころから知ってるけど、単行本買った
のはこれが初めて。それくらい面白い。チクワのヤツはダメだったけど、こっ
ちはいい。他にも竹の4コマ誌で劇団の話も連載してるけど、そっちもわりか
し。今乗ってる感じ、しなっち。『けもの〜』にはくーにゃんの話も収録され
てる。

4コマの基本をもう一度書いとくと、タイトルは読み終わった後に読むこと。
タイトルでネタバレすることもあるから。実際、4コマってのはタイトルも入
れれば5コマなわけで、4コマ目のオチを読んでから、タイトルで2段オチとい
うのが正当な読み方。たとえば『けものとチャット』のP.36の『去年も見た』
なんていうのは、典型的なタイトル2段オチ。

それと、4コマの単行本は、カバーに凝ってるものが多い。よくあるのはカバー
を外すと表紙に4コマがあるってヤツ。『けものとチャット』にも『けものと
チャット外伝』が載せられてる。少年誌の単行本にはない『お得感』だ。

ついでだから書いとくと『実在ニョーボ ヨシエさん日記』も竹から出てる。
ヨシエさんのことは今さら書くまでもないけど、それが竹から出ててビックリ
した。なんでも『本当にあった愉快な話』に連載されてるそうな。『本愉』は
買ってないから盲点突かれた。自分が知ってたのは最初のヨシエさんだったん
だけど、相変わらず面白い。世のダンナさん方よ、ヨシエさんはクリスマス・
プレゼントで贈れば絶対ニョーボに喜ばれる。前のヨシエさんは講談社から出
てるからまとめ買いしてダンナの愛を見せてやれ。

今、単行本にしてほしいものといえば柘植文の作品か。4コマじゃないけどね。
オリジナルでは『つつウラウラ まんきツアー』ってのを連載してるんだけど、
これもいいし、もう1つの連載のオヨメートル (名前思い出せん (笑)) のほう
もいい。というか、フナバさん、サイコー。

しかし、メメ子がウケるとはなぁ (笑)。いや、悪くはないんだけど。それな
りに好きだし。でも、表紙になるタマかぁ? あれが? これだけ長いこと4コ
マ読んでても、読者心理はわからんな。

本家Permlink


2005年12月16日

仰木監督、亡くなったんですか。ご冥福をお祈りします。

本家Permlink


2005年12月15日

Debian sidなんすけど、mkmf.rbがないんです。どっかのパッケージに移され
ちゃったんですかね? ザッと見た感じ、それらしきパッケージはないみたい
ですけど。

ああ、見つかりました。ruby1.8-devですね。librubyで探してたから見落とし
ました。でも、ruby-devってのはないんですね。

--

foo.soとfoo.oをいっぺんに消したいとき:

% rm foo.s?o

とやればいいもんだと思ってたんですけど違いましたね。sh系の``?''は、普
通の正規表現なら``.''と同じで、普通の正規表現の``?''とは違うわけですか
ら。

zshのマニュアル調べたら:

setopt EXTENDED_GLOB

をやってから:

% rm foo.s#o

とやるんだそうです。

--

Rakeのチュートリアル読みたいんですけど、下のサイトがぶっ壊れてるみたい
で:

http://docs.rubyrake.org/

--

RakeはRakeで置いとくとして、Makefileとerbを組み合わせるってのもアリな
んじゃないですかね? 似たようなことはもう誰かやってそうな気がするんで
すけど。

やっぱMakefileは楽なんですよね。わかりやすいし。特にRubyみたいなスクリ
プト言語の場合、ビルドで苦労することってのはあんまりないわけで。なわけ
で、makeの貧弱な文法でも事足りることがほとんどじゃないかと。で、ちょっ
と凝ったことがやりたいときにerbでRubyのコード埋め込んじゃうっていう。

もちろん、makeっていうのはUNIX前提なんですけどね。自分はそれは全然気に
しませんから。

本家Permlink


2005年12月13日

--- gc.c.~1.216.~	2005-10-25 14:30:10.000000000 +0900
+++ gc.c	2005-12-13 10:46:58.000000000 +0900
@@ -589,7 +589,7 @@
     MEMCPY(tmp_arry, mark_stack, VALUE, MARK_STACK_MAX);
 
     init_mark_stack();
-    while(p != tmp_arry){
+    while (p != tmp_arry) {
 	p--;
 	gc_mark_children(*p, 0);
     }

--

static void
mark_source_filename(char *f)
{
    if (f) {
	f[-1] = 1;
    }
}

このコード、動くんですね。Cの配列のインデックスで-1を使うというのは初
めて見ました。どんな理屈なんでしょうか。

--

http://www.tokyo-np.co.jp/00/kei/20051212/eve_____kei_____000.shtml

みずほがヘタ打ったのかと思ったんだけど、そうでもないみたいですね。当初
から注文の取り消しが利かなかったっていうのは報道されてたんですけど、そ
れはどうやら東証のシステムのバグだったみたいで。

まぁ、いろんなミスが重なってるわけですけど。自分なんかは特に『人間はバ
カじゃない』っていう前提でコードを書くことが多いし、1円で売ろうがそれ
はその人の意図なんだろうと思っちゃう。逆に、『人間は過ちを犯す』ってい
う前提でコードを書く人もいるんだけど、そうすると条件が複雑になり過ぎちゃ
いますよね。1円はダメでも2円だったらいいのかとか。

こういうのは``rm *''の問題と似てて。プログラマからすると、やっぱり『テ
メーのケツはテメーで拭いてね』ってことになっちゃうでしょ。

そうすると、やっぱり取り消しが利かなかったっていうのがすっごく痛い。
``rm *''にしても、すぐC-cで止められれば被害は少なくて済むし (消えちゃっ
たファイルを復活できればもっといいんだけど)。

やっぱ、取り消しが割り込みできない設計っていうのがマズかったということ
ですよね。これ対応するとなると大変なんでしょうけど。テストもしにくいし。
多分、作ってるほうの頭からスッポリ抜け落ちてたんでしょうね。だから、割
り込みできないのは仕様って言い張ることもできるんですけど、でも『それっ
て人道的にどうよ?』ってことになっちゃうでしょ。

400億なんていう途方もない額だけに、裁判になってもかしくないですけどね。
そうしたら東証の責任が問われるわけで。それはそれで興味深い。『取り消し
の割り込みが利かない』っていうのは、どうせ明文化されてないでしょうから、
東証に責任がまったくないということにはならないでしょう。そうすると、東
証の責任は400億のうちのどれくらいを占めるのか。プログラマとして知りた
いところではあります。

本家Permlink


2005年12月05日

いや、後楽園ホールに着いたら『藤原祭』でビックリした。ただの全日本キッ
クの日だとばっかり思ってた。自分でチケット買ったんだけどさ。やばいね、
最近、物忘れ激しくなってる。

で、肝心の藤原祭だけど、それなりに楽しめたよ。忘れてたくらいだから、カー
ドとか全然気にしてなかったんだけど。鈴木みのるが出るとかはスポーツ新聞
とかで知ってたけどね。前田選手の試合が見れたのはラッキーだった。評判ど
おり強いね。相手のターボ選手もよく手足が出てたけど、正直、格下だった。
野良犬・小林選手の試合は、まぁ、ぶっちゃけ、カマセ犬? レフェリーもミョー
なとこでダウン取るしね。

あと、ラッキーだったといえば、休憩時間にKIDのお父さんを見かけた。格闘
技の神の子・山本``KID''徳郁のお父さん。濃い顔だからすぐわかった (笑)。

・・・

そうそう。藤原祭のことなんかスッカリ忘れてたんだけど、こないだ藤原会長
のDVD買ったんだよ。ほんと、たまたま。で、やっぱ強いね。肘で切ったヤツ
なんかスゴイ。乱戦でビシッ、だからね。でも、タイ人が倒れないんだ、これ
がまた。フラフラになっても絶対倒れない。だからね、今日の小林選手の試合
とかね、まぁ正直物足りない。ま、お祭りだからいいんだけど。

・・・

ついでだから書いとくかな。松田隆智って知ってる? 『拳児』の原作やった
人。そう、八極拳の人。その人が『拳遊記』っていう本出してる。まだ読んで
る途中なんだけど。サブタイトルが『最強の拳技を求めて、中国武術の世界を
ゆく』ってなってて。松田氏が台湾、そして中国本土を巡って中国武術の真髄
に触れた体験をまとめた本、といったとこかな。

まぁ、こんなの読むのはよっぽどの好き者だろうけど。大体、自分なんか自分
じゃやらないしね。キックはもちろん格闘技、武道武術の類は。

本家Permlink


2005年12月04日

アキバの書泉行ったら『組み込みプレス』ってのが平積みされてたんですけど
ね。チラッと立ち読んだんですけど、日本の組み込み業界の将来が心配になり
ましたね。だってアジャイルのアの字も出てこないんですから。

組み込みの分野にagileが適用できるかっていったら、できるでしょ、フツー
に。

組み込みって小規模でしょ?、大抵は。チーム全体としては多いかもしんない
けど、少なくともプログラマは数人とかのレベルでしょ? これでまずagileの
第一の条件がクリアされるわけです。

それから、最近の組み込みって、要件がコロコロ変わるんじゃないの? 納期
も短かくなってるんじゃないの? これでagileの第二の条件がクリアされるわ
けです。

それと、組み込みって、ひょっとしたら他の分野よりムーアの法則の恩恵を蒙っ
てるんじゃないの? このあたりはよく知らないんだけど、エミュとかICEとか?
ツールが十分に成熟しているのはXPの大事な前提。

agileを組み込みの分野に適用するには十分な条件がそろってるわけでしょ?
なんでためらう必要があるの? ないでしょ? そいでもってリアルタイムUML
とか言い出したら、キレるぞ、オレは。

組み込みっつったら日本の代表的な産業でしょ? それが今重大な危機に瀕し
てるんじゃないの? それでオフショアとかいってたらダメじゃん? 

本家Permlink


2005年12月01日1

http://www.theserverside.com/news/thread.tss?thread_id=37815

http://c2.com/cgi/wiki?JohnVlissides

John Vlissides氏が亡くなったそうですね。長い間病に伏せっておられたので
しょうか。まだ全然お若いのに。ご冥福をお祈りします。

--

自分はデザイン・パターンについて批判的だと思われてるでしょうが、それほ
どでもありません。『デザインパターン』の登場は、OOPの歴史において画期
的な出来事の1つです。デザイン・パターンが出て、それにJavaが時代的にう
まく合わさっことで、SmalltalkやC++で占められていた旧世代のOOPから新し
い世代のOOPに移ることができたと思ってます。デザイン・パターンだけでも
ダメだったでしょうけど、Javaだけでもダメだったでしょう。

『SmalltalkやC++で占められていた旧世代のOOP』と書きましたけど、これは
その世代のOOPというのは非常に言語に縛られていたという意味です。
SmalltalkならSmalltalkのOOP、C++ならC++のOOPといった具合に。デザイン・
パターンは、そうした言語による区別をなくし、より抽象度の高い視点でOOP
に共通する設計要素というものを切り出したわけです。

今、世はフレームワーク花盛りといった観がありますが、それも『デザインパ
ターン』があったればこそでしょう。

改めて、J.Vlissides氏のご冥福をお祈りします。

--

ポツポツ巡回を再開してます。『今さら』というのも紹介することになるかも
しれませんがご勘弁を。

http://www.artima.com/rubycs/index.html

--

http://c2.com/cgi/wiki?EvolutionaryArchitecture

  There is still a business tradeoff to be made- feature risk
  vs. scalability risk. The best the programmers can do in this
  situation is surface the costs and benefits of addressing both
  risks, and give the business decision makers a rich (and evolving)
  set of alternatives for addressing both risks. -- KentBeck

なんか前にも取り上げた気がするんですけど、まいか。

--

うわ。永田(弟)と所かよ。ムチャすんなー。

本家Permlink


2005年12月01日

http://www.ruby-lang.org/ja/man/?cmd=view;name=File

  * LOCK_UN

    アンロック。

    この明示的なアンロック以外に、Rubyインタプリタの終了 (プロセスの終
    了) によっても自動的にロック状態は解除されます。

ってなってますけど、closeしたときもロック外れるんですよね? だから:

    File.open(filename, 'w') do |output|
      output.flock(File::LOCK_EX)
      output.write(text)
    end

でいいんですよね?

--

RubyにはPHPのescapeshellcmd相当のメソッドはないんですか? Regexp#quote
を使うってことでしょうか? これだとセミコロン抜けちゃいますけど。

system(Regexp.quote("date;date"))

とかできちゃいますよね。

--

『コメントってどう書きゃいいの?』なんて聞いてるうちは何も書かないほう
がマシなんじゃないの?

--

http://www.morijp.com/masarl/homepage3.nifty.com/masarl/article/dp-ocp-2.html

Yendotでmasarlさんの文章が取り上げられるとは。Cotton Ballsのほうはもう
404になってるんですね。

本題。進化的設計という視点で見たとき、デザイン・パターンというのは、い
つ導入すするかが問題になります。進化的設計においては、いうまでもなく、
最善なのは必要になったときです。

デザイン・パターンのほとんどは重いです。システムがまだ育っていないとき
にいきなりデザイン・パターンを持ち込むのは、不必要な複雑さを背負い込む
ことになります。その苦労が報われるかどうかは一種の賭けといえるでしょう。
賭けが当たれば『やってよかった』ということになるでしょうが、賭けが外れ
たときは案外賭けのことを忘れているものです。

デザイン・パターンは重いものが多いわけですが、そうすると余計に『後から
デザイン・パターンを持ち込むのは大変じゃないか』と思われるかもしれませ
ん。けれども、デザイン・パターンを持ち込む前にすでに十分にリファクタリ
ングされていれば、デザイン・パターンを持ち込むときの苦労は少なくなりま
す。

リファクタリングとは何か? 極端にいえば責任を分散することです。責任を
分散し、コードを動かしやすくしておけば、デザイン・パターンを持ち込むよ
うな大きくて重いリファクタリングもやりやすくなります。

そして、進化的設計においては常にシステムはリファクタリングされているも
のと考えられますから、後からデザイン・パターンを持ち込むのをためらうこ
とはありません。必要になったときに、必要なだけデザイン・パターンを持ち
込めばいい。

デザイン・パターンの発見者はWardAndKentということになりますが、その2人
はデザイン・パターンのことをあまり話しません。なぜか考えたことがありま
すか?

パターンは知ることよりも見つけることのほうが大切です。それは設計だけに
限らず、開発活動すべてにおいていえることです。悪い慣習は悪いパターンと
いえるでしょうし、いい慣習はいいパターンといえるでしょう。悪いパターン
を見つけ、それを捨て、いいパターンを見つけ、それを意識的に繰り返す。そ
うやって改善していくしか生産性というのは上がらないものです。

本家Permlink


Copyright © 1905 tko at jitu.org

バカが征く on Rails