<< 前 ホーム 次 >>

bakaid: 20110720

会場で買った「Coders at Work」。その巻頭を飾るのは
jwzことジェイミー・ザウィンスキー。Netscapeの開発者として
知られる。その彼はこういっている:

  本当に素晴らしい環境で、すごく楽しかったですね。みんな
  自分が正しいと思い込んでいたので、私たちはしょっちゅう
  言い争いをしていましたが、それで素早くコミュニケーションを
  取ることになりました。誰かがキュービクルに顔を覗かせて、
  「お前がチェックインしたあのゴミ何だよ。クソ以外の何でも
  ない。あんなんじゃうまくいかないよ。バカじゃねえの」と
  言います。それで「消え失せろ!」と言い返して、コードを
  直してチェックインします。すごく癪に障りますが、早く
  コミュニケーションが取れました。

切羽詰った状況であったにしても、自分は、こうした環境を
「楽しい」とは思えない。

なでしこの活躍を喜んでいる人もいるだろう(←史実の記録)
(←たださんのぱくり)。彼女たちは試合を楽しんでいたのだろうか。
おそらく、試合展開からいっても、とても試合を楽しむ余裕など
なかったろう。必死になって勝つことに集中していたはずだ。

楽しいというのは、後ろを振り返ったときに沸き起こる感情なの
かもしれない。やっているときは、必死になったり、夢中になったり
しながら、目の前のことに集中しているだけで。

逆に、必死になれない、夢中になれない状況というのは、はっきりと
「楽しくない」といえる気がする。

感極まって「楽しいことが大切なんだ!」というのもいいが、
それが「楽しまなきゃ、楽しまなきゃ」となった時点で、それは
必死からも夢中からも遠ざかり、結局楽しいからも離れてしまう。

本家Permlink

<< 前 ホーム 次 >>


Copyright © 1905 tko at jitu.org

バカが征く on Rails