<< 前 ホーム 次 >>

bakaid: 20101227

プログラミングには、孤独を愉しむというところがある。

これは別にペア・プログラミングを否定しようという
ことではない。

よい実装方法が思い浮かばず、独り悶々とした時を過ごす。
それもまたプログラミングの愉しみなのだ。

快調に動いていた指先がピタリと止まる。それまで完璧と
思っていたロジックに穴があったことに気づいたのだ。
穴を塞ごうとするが塞がらない。別な方法はないかと
必死になって探す。でも、見つからない。考えても
堂々巡りを繰り返す。

傍から見れば、当人に何が起こったかまったくわからない。
『考えごとしてるな』と思ってくれればいいほうで、
『眠いのかな』、もっとひどいと『暇そうだな』などと
思われてしまう。

苦悩を周囲に打ち明けるのもひとつの手ではある。
しかし、その苦悩を説明するには、背景まで説明
しなくてはならず、言葉にするのももどかしい。

そうして、独り考えに耽ることになる。

一種産みの苦しみではあるのだが、プログラミングならではの
時間であり、それを愉しみと呼ばずして何と呼ぼう。

本家Permlink

<< 前 ホーム 次 >>


Copyright © 1905 tko at jitu.org

バカが征く on Rails