<< 前 ホーム 次 >>

bakaid: 20101201

うわ、ちょー久しぶりなんだな。まぁ、入力が少なければ
出力も少ないのは当たり前のことだけど。

--

最近のSNSの会社を任天堂と比べる向きがあるけど。

いくらなんでもムリがあるよな。

30年もの間、ハード、ソフトともに業界のトップ集団に
あり続け、信者ともいえる熱心なファンを獲得している
企業と、たかが数年の実績しかない企業を比べるほうが
土台ムリというもの。

--

もうひとつ。この業界、読書家が多いんだけど。
リクルーティングやスカウティングの話も結構出てる。

たとえば、Joelにしてもそうだし、PGにしてもそう。
あるいは、もっと古ければ人月の神話なんかも一種の
リクルーティングの話といえなくもない。

それらの本は、例外なく『人を増やすのは大変だよ』
ということを説いてる。

で、それらはどれも一定の評価を得ている本で、読書家なら
必ず目を通しているはず。

だのに、だ。なぜかSNSの会社が大量の技術者を雇うと
いう話にあまり疑問の声を聞かない。

おかしいだろ?

SNSは特別なのか? それとも、その会社に何か特別な
魔法があるのか?

急成長してるんだから人を集めるのは当然だ。そういう
つもりか? バカバカしい。
それじゃ人月商売と変わんないだろ。

--

東洋経済がカメラの特集だったんだけど。読んでて
感じたのは、メーカーのハードへこだわりと、そこから
透けて見えるソフト軽視だね。

今どき、ソフト抜きのハードなんて考えられないし、
そういう目で見れば、日本のソフトは世界に通用してる
んじゃないか。そこらへんをメーカー自身も無自覚
なんじゃないか。

--

http://spectrum.ieee.org/geek-life/hands-on/using-the-canon-hack-development-kit

この記事、いろんな意味で驚いたんだけど。IEEEが
キヤノン非公認(のはず)のCHDKを取り上げるという点。
CHDKというからには、それはソフトウェアの話で、
カメラのハードではなく、ファームウェアをハックする
ためのもので、それを取り上げるのにも驚いた。

こういうところは米国の懐の深さを感じさせる。日本で
こうした話を取り上げるメディアがあるだろうか。まぁ、
ラジオライフくらいしか思い浮かばない(笑)。

--

ラジオライフも全然買わなくなったんだけど。あれも
おしい雑誌だよね。日本版makeみたいな位置に立てる
のに。案外、買って満足、見て満足の話が多かった
気がする。

本家Permlink

<< 前 ホーム 次 >>


Copyright © 1905 tko at jitu.org

バカが征く on Rails