<< 前 ホーム 次 >>

bakaid: 20100426

『文藝春秋 五月号』『オフレコ発言で振り返る歴代総理四人』
(田原総一朗)。

  その日まで『サンデープロジェクト』が終わるなんて
  夢にも思ってなかったんですが、「申し訳ないけど、
  二〇一〇年の三月でやめてほしい」といわれました。
  理由はまったく聞いてません。「なぜ?」って、訊いたら、
  同席した役員が「社長がこんなに腰を低くして、お願い
  してるんだから、いうことを聞いたほうがいいんじゃ
  ないですか」といわれたので、それ以上は問いません
  でした。

  (『社長』というのは、当時テレビ朝日社長の君和田
  正夫氏。)

これ読んだとき、開いた口がふさがりませんでしたよ。
20年以上続いた番組、しかも報道番組で、ずーっと
務めていた司会者に、番組の打ち切り理由も説明しないとか。

その上、『社長がお願いしてるんだから』って、いつの
時代の話だよ。頭狂ってるとしかいいようがない。

そりゃ、長年やってたんだから、アウンの呼吸みたいな
ものを期待したのかもしれないし、予兆のようなものは
田原氏も薄々感じてたのかもしれないけど (記事では
『夢にも思ってなかった』って書いてるけど)。

だからテレビは死ぬんだよな。というか、サッサと死ね。
今死ね。誰も困らんし、誰も泣かん。ライダーだけ
放送してろ。ジャーナリズムとか間違っても口にするな。

--

同じく文藝春秋の『丸の内コンフィデンシャル』より:

  興味深いのは、この騒動(※富士通の御家騒動のこと)で
  社外取締役だった某氏と野中郁次郎一橋大学名誉教授が
  退任したこと。特に野中氏はコーポレートガバナンスの
  大家だけに、野副氏側は一縷の望みを託していたよう
  だが、何ら反応はなかった。

本家Permlink

<< 前 ホーム 次 >>


Copyright © 1905 tko at jitu.org

バカが征く on Rails