<< 前 ホーム 次 >>

bakaid: 20100419

以前、科学と民主主義をキーワードに取り上げたことが
ありました。それらがキーワードであることは今でも
変わっていません。

ただ、「agileは経営の民主化」かといわれると、もう
ひとつピンときません。

確かに、agileは、現場レベルで顧客のビジネスを考慮
するのがひとつのポイントです。Customer Involvementは、
agileの中でも重要なことのひとつです。

ただ、そのことが開発組織の経営とすぐに結びつくかと
いわれるとどうでしょうか。そこまで広いことはいって
いないと自分は思います。

agileの背景としては、QCサークルに近いと感じます。

http://ja.wikipedia.org/wiki/QC%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%83%AB

QCサークルというと負の側面があって、今では必ずしも
肯定的に受け止められませんが、その根っこは組織の
末端から起こるボトムアップな活動にあると思います。

ボトムアップというと、これまたアメーバ経営という
話も出てきますが、これまたそこまで広いことはいって
いないと自分は思います。

やはり、agileは民主化といっても開発マネジメントの
民主化程度に留めておくほうがいいのではないでしょうか。
開発者ひとりひとりが、顧客のビジネスを思い、プロジェクト
全体の進捗を思い、製品全体の品質を思う。開発者ひとり
ひとりが当事者の意識を持って開発に当たる。その先が
経営につながるかどうかは、開発者側の事情にもよる
でしょう。

本家Permlink

<< 前 ホーム 次 >>


Copyright © 1905 tko at jitu.org

バカが征く on Rails