<< 前 ホーム 次 >>

bakaid: 200909241

やっぱり、『コードをどう書くか』っていうことにまで
踏み込んで議論できないと、なかなか品質は上がらない
んじゃないか。

まぁ、ズバリいっちゃうと、コードを読めない人間が
品質管理なるものをやってもサルマネにしかならないん
じゃないか。

バグの量の統計を取って『バグを減らしましょう』って
いうのも、まぁ、管理のひとつではある。でも、『じゃあ、
どうやって減らすのよ?』っていう問いに具体的に答えを
出せないといけない。

ここでいってる『具体的な答え』っていうのは、『自動
テストをやりましょう』とか、そういう話じゃない。
そういう教育とか啓蒙とかの話じゃない。

もっと、具体的に、まさにバグの起きたコードをどう
書けば改善できるのかっていうことを指摘できないと
いけないっていう話。システム全体の設計を踏まえた
上での改善策を提案できないといけないっていうこと。

改善策っていうのはひとつじゃない。作り直しから
ツギハギまで幅があるほうがフツウだ。そうした幅の
中で、納期や将来的なコスト、さらには開発要員の
実力といったものを考慮して最善なものを選ぶ。あるいは、
いくつか改善策を選んで議論する。そういうことをやれる
人でないと、なかなか品質管理を品質向上に結びつける
ことはできないんじゃないか。

本家Permlink

<< 前 ホーム 次 >>


Copyright © 1905 tko at jitu.org

バカが征く on Rails