<< 前 ホーム 次 >>

bakaid: 20090918

自分みたいなのよりエライ人が説明したほうがいいと
思うんだけど。

cohesionは、関連する機能が一ヶ所にまとめられている
こという。Stringクラスには文字列を扱うための機能が
まとめられているといったのが一例。

cohesionとよく対比されるのがcoupling。これは依存
関係。リーマンショックのとき、「今は国と国との
de-coupling (デカップリング) が進んでいるから危機は
大きくならない」っていう説があった。それは真っ赤な
ウソだったわけで、グローバリズムの進展で、国と国とが
より密接に依存し合っていることが露になった。

設計の世界では、high cohesion, low couplingと
いわれる。cohesionは、個人的には凝集性と訳すのを
好む。ゆえに、高凝集・低依存ということが設計の要諦の
1つということになる。

cohesionとcouplingは、どちらも「結びつき」の様子を
示すもの。だから、「結合」という言葉だと、それが
cohesionなのかcouplingなのかわかりにくいということが
ある。

本家Permlink

<< 前 ホーム 次 >>


Copyright © 1905 tko at jitu.org

バカが征く on Rails