<< 前 ホーム 次 >>

bakaid: 20090916

今日の東スポ、13面を開いてくれ。

そこに『のりピー親衛隊』という見出しでデカデカと
写真が出てるだろ? そのキコ隊長の顔をよ〜っく
見てくれ。

え? カ、カクタニしゃん?

--

だから、デバッグっていうのは、修正する量が問題じゃ
ないんだよね。いや、そりゃ、量が多けりゃ手間がかかる
わけだから、まったく問題ないわけじゃないけど。

でも、たとえば、NULLポインタで落ちる場所があったと
して。そこで単純にNULLチェックして済ますのと、その
落ちる場所を通るパスをぜんぶ調べて、それでやっぱり
NULLチェックが有効なんだと確信を持って修正するのとじゃ
雲泥の差があるわけ。

修正する量が多かろうが少なかろうが、直ったと確信を
持てること、誰かから『こんなときはどうなの?』って
いうツッコミに『大丈夫です』っていえることが大切な
わけ。

--

だから、自分らは継続的な統合、進化的な設計をやってる
わけで。それで一番恐いのは作り壊し、直し壊しなわけね。

新しい機能を追加したら古い機能を壊しちゃったとか。
ある機能のバグを潰したら、別の機能がバグっちゃったとか。

だから、既存のコードをよく理解しないとダメなのね。

デバッガで動きを追うのも『コードを読む』うちに入ると
自分は思ってるけど。でも、だからっていって、grepが
いらなくなるってことはないわけ。

ある箇所がバグってたら、別の似たような箇所もバグっ
てる可能性が高い。そういうのはデバッガじゃ追えない
んだよね。パスが違うんだから当たり前だよね。

小手先のデバッグっていうのはモグラ叩きみたいに
なっちゃうのね。表面的な事象ばかりじゃなくって、
そいつらの根っこに何があるのかっていうのを見ようと
しないと。そういうのを見つけることが『システムを
理解する』ということのひとつで、そういう根っこの
問題を解決するには『設計』が必要になるわけね。

--

自分は当たり前のことしか書いてないんだけど。でも、
そういう当たり前を言葉にして話せるっていうのは
とっても大切なことなんだよ。

自分の周りは若いヤツばっかりっていうのもあるんだけど。
こういう話をあんまりしないわけね。前は、恥ずかしい
とか照れとかのせいかと思ってたけど。でも、違うんだよね。
言葉を知らないんだよね。

言葉を知らないっていうことは、何に価値があるかって
いうことを知らないっていうことなんだよ。何に価値が
あるか知らないっていうことは、どうすれば開発っていう
仕事がうまくいくかっていうことを知らないっていう
ことなんだよ。

言葉を知らないっていうことは、仕事について考えてない
っていうことでもある。それはプロとして非常に恥ずかしい
ことなんだよ。

--

安いものが安いままであるのには理由がある。

人はイヤでも学習する。つまり、人は時間が経てば自然と
価値が上がる。まぁ、ぶっちゃけ人件費が高くなる。

それをイヤでも抑えるにはどうするか。価値が上がった
人間を切って、価値の低い人間、たとえば新人を連れて
くればいい。

まぁ、これはオフショアに限ったことでもないだろうけど。

でも、安いところで安定してるんなら、品質も低いところで
安定すると思うほうがフツーだよな。

本家Permlink

<< 前 ホーム 次 >>


Copyright © 1905 tko at jitu.org

バカが征く on Rails