<< 前 ホーム 次 >>

bakaid: 20090910

「コードを読む」といった場合、空白も読まなきゃ
いけない。

「コードを読んだ」というのは、そのコードを自分で
いじるときに、そのコードのフォーマッティングに
合わせて新しいコードを書き足せるということ。

int
main(int argc, char *argv[])
{
    if (argc > 1)
        puts(argv[1]);
    return 0;
}

こういう「標準的な」フォーマットで書かれているにも
かかわらず:

int main(int argc, char **argv) {
    if( argc>1 )
        puts (argv[1]);

    return 0;
}

みたいなフォーマッティングで新しいコードを書き足しちゃ
いけないということ。

「空白を読む」というのは、文字どおり、空白を読む
ということ。それがスペースなのかタブなのかを読み
取らなきゃいけない。

--

こういうことを「くだらないこと」という人もいるよう
だけど。そんなわけがない。ビジネス文書で乱れた
フォーマッティングで書けば叱責されるのは当たり前。
読む人に配慮するのはビジネスなら当たり前の話。

--

「コードを読む」といった場合は、設計についても
読み取らなきゃいけない。責任がどう分配れているか
ということを見なきゃいけない。

責任の分配に無頓着だと、極端な話、グローバル変数を
使うとか、そういう話になる。

OOPLならば、そのオブジェクトの所有者は誰か、その
オブジェクトの寿命はどうなっているのか、スーパー
クラスは誰か、そういうったことを知るということが、
責任の分配を見るということ。

本家Permlink

<< 前 ホーム 次 >>


Copyright © 1905 tko at jitu.org

バカが征く on Rails