<< 前 ホーム 次 >>

bakaid: 200908252

大統領の地位が『買い手市場』だということも考えられる。

大統領になりたい人間はたくさんいる。でも、大統領の
イスは1つしかない。ならば、大統領の報酬は、ある程度
低くても、なり手はいなくならないだろう。

--

『東洋経済 8/29』、p.58

  (amazon.comが) 使われていた理由は「洋書が丸善で
  買うより安い」に尽きる。

amazon.co.jpが立ち上がる前からamazon.comのファンが
日本にいて、それがamazon.co.jpの成功の大きな要因に
なったという説。

まぁ、丸善は死んだほうがいいし、日本にamazonを憎んでる
書店がいるんなら、丸善こそが元凶で、その丸善に
タカってた書店もあったからこそamazonが急成長したと
いうことをわかんないとダメだね。

紀伊国屋とか、海外の雑誌が法外な値段で売られてたけど。
今でもそうなんかね?

--

瀧井聡 アマゾンジャパン・ロジスティックス社長

  アマゾンが最優先しているのは、「安全」。次に大事な
  ことが「品質」、3番目が「納期」。4番目になって、
  ようやく「効率」が出てくる。

--

まぁ、2番目に品質とかいうわりには佐川なんか使うように
なったけどな。

再配達の電話はつながらねぇ、Webでのサービスは使いづれぇ。
顧客第一主義のamazonがそんなとこ使うなと。

これは佐川にもamazon.co.jpにも文句言っといたけどな。

--

これは、はなはだ個人的な印象で、非常に独善的で偏見に
満ちた話なんだけど。

Python選んだ人って、他の言語に疲れた人が多い気がする
んだよね。

『Pythonには元Lisperが多い』っていうのは同意して
もらえると思うけど。そして、彼らのほとんどが
『Lispを嫌いになったわけじゃない』っていってる
ことも同意してもらえると思うけど。

じゃあ、なんでPython選んだのかっていうと、その
へんは、まぁ、『合理的な理由』があるんだろうけど。

でも、自分からすると『Lispに疲れたから』って
見えるんだよね。

で、これはLispのかわりにC++からPythonに移った人も
そんな感じなんじゃないかと思うんだよね。

そういう疲れた人がたどりついた安息の地っていうか。
まぁ、それにはちょっぴりあきらめみたいなものも
含んでるのかもしれない。

--

『野村総合研究所のSIフレームワーク』だっておwww

感覚がズレすぎててシャレになってないだろ。

フレームワークがカネになるなんて、いつの時代の話だよ。

--

電子書籍なら、再販制度を維持しなきゃいけない理由なんて
これっぽっちもない。

本家Permlink

<< 前 ホーム 次 >>


Copyright © 1905 tko at jitu.org

バカが征く on Rails