<< 前 ホーム 次 >>

bakaid: 200908111

計画が計画のとおりに進むのならagileなんて出る幕は
ない。顧客は本当にほしいものを要求し、開発者はそれを
納期までにきっちり実現する。見積もりはいつだって
ドンピシャだし、設計だってハッキリクッキリだ。

おまけに、百年に一度の金融危機も予測できてて、次の
選挙でどの党が勝って、誰が首相になるかも見えている。

ならば、IT業界は、金融業界より賢い人が集ってるって
ことになる。いや、賢いどころか超能力者の集団だ。

一年後の計画を細かいところまで予想するなんて、
占いと大して変わらない。こないだ書いた年表をもう
一度あげておこう:

1987 ブラック・マンデー
1990 平成不況
1997 アジア通貨危機
2002 ドットコム・バブル崩壊
2006 ライブドアショック
2008 サブプライム危機

こうした経済的混乱は予測できない。でも、予測できない
からといって、ビジネスが失敗していい理由にはならない。
現実に不況になれば、リストラだなんだでプロジェクトも
見直されることになる。違約金はもらえるかもしれない
けど雀の涙だろう。なんといっても、ない袖は振れない。
開発側には作りかけのコードが残されるだけだ。

作るほうからしたら、作った分にはお金を払ってほしいし、
作った分は動いてくれたほうがうれしい。

それでも一年後の詳細な計画にこだわるんなら、
グリーンスパンにでもお願いするんだな。『バブルが
弾けませんように、マエストロ』ってな。

--

まぁ、あんまりこういうのを書いても逆効果かも
しれない (笑)。

まぁ、でも、このページの影響力なんてタカが
知れてる。逆に、このページを見てagileはじめる
ところがあったら、そっちのほうがビックリだし、
『あんた大丈夫?』って聞きたくなる (笑)。

一年くらいのプロジェクトなんて結構ザラにあって、
一年くらいだとそうそう失敗することもない。

でも、くどいようだけど『そうそう』っていうところが
ミソで、そこに黒い白鳥が襲いかかるスキがあるんだな。

まぁ、でも、プロジェクトが失敗したり中止されたり
する理由はいくらでもある。防げるものも、防げない
ものも含めて。

本家Permlink

<< 前 ホーム 次 >>


Copyright © 1905 tko at jitu.org

バカが征く on Rails