<< 前 ホーム 次 >>

bakaid: 20090810

生活に困るようなことのないだけのお金が残るんだったら、
残りのお金をぜんぶ黒い白鳥探しに回したって構わないん
だよな。

今の自分にとって、黒い白鳥探しに回せるお金がどれくらい
あるか。まぁ、国民の平均年収以下の自分だけど、独身と
いうこともあって、一月で2〜3万は大丈夫な気がする。
2〜3万くらいのムダづかいはいくらでもやってる。

--

http://internet.watch.impress.co.jp/www/article/980609/viaweb.htm

4,900万ドルってことは、50億円以上なわけだな。それを
2人で山分けしたとして25億円。さらに税金で半分持って
かれたとして13億円。「生活に困らないだけのお金」が
「サラリーマンの生涯賃金」だとすると3億円。残るのは
10億円か。

10億円だとして、100万のプロジェクトだと1000個運営
できる。さすがに100万のプロジェクトは非現実的だと
して、1000万だと100個、500万だと200個。

でも、1000個ならともかく、100〜200個だと、黒い白鳥を
つかまえるには足りない気がする。まぁ、だから、PGも
腕のふるいがいがあるんだろうけど。

--

だったら合宿所を作っちゃえばいいんじゃないか。

でもって、Googleメソッドの逆をやって、2時間でお金を
稼いで、残りを黒い白鳥をつかまえるのに当てる。

2時間の仕事っていうのはラーメン台を稼げればいいわけで。

まぁ、いってみればファームだよね。

--

  オブジェクト指向とは、
  具体的に言えば、
  オーバーライド、オーバーロード、継承、データの隠蔽(カプセル化)
  のことですか?

オーバーロードは違うけど、でも、そういう認識で
いいんじゃない?

「具体的に言えば」っていう断りも入ってるし。

こういう話をすると「オブジェクト指向は考え方だから
云々」いうヤツがいるけど、もっと即物的に考えても
いいし、そのほうが即効性がある。

上の3つは、どれも使い方に上手い下手があるけど、
それはどんなテクニックでも同じことだし、
「オブジェクト思指向の本質」とやらで上手く使える
ようになるわけでもない。そういうものは自分で体得
するしかない。

--

まぁ、もともと祭なんてのはバカがやるもんであって、
バカは死ななきゃなおらない。

岸和田のだんじりが、毎年のように家をブッ壊したり
死人を出したりしながらも続くのは、結局はバカだから
としかいう外ない。

バカがどれだけいるか、バカがどれだけバカでい続け
られるかは、バカに聞いてもわからない。

本家Permlink

<< 前 ホーム 次 >>


Copyright © 1905 tko at jitu.org

バカが征く on Rails