<< 前 ホーム 次 >>

bakaid: 20090502

バージョン管理は、ソフトウェア開発の技術として語られる
ことは少ないが、ソフトウェア開発というビジネスにおいて、
非常に重要な技術ではある。

変更履歴の追跡や、ブランチ間のマージなど、どれ1つ
取っても、莫大な損害が出かねない類の話ではある。

ゆえに、プログラマは、すべからく、バージョン管理に
習熟すべし。

もし、あなたが新人で、まだバージョン管理の何たるかを
知らなければ、何をおいても、まず最初にやらなければ
ならないのは、バージョン管理の習得である。

オブジェクト指向が理解できなくとも、デバッガが使い
こなせなくとも、先輩たちは大目に見てくれるだろう。
しかし、バージョン管理でのミスは許されない。それほど
ソース・コードというものは、ソフトウェア開発において
神聖なものなのだ。『神聖』という言葉が悪いなら、
ソース・コードこそが『カネの成る木』ということだ。

--

コピペを一切許さないところもあるようだが (笑)、
バージョン管理の都合上、コピペのほうが望ましいことも
ある。

もちろん、コピペというのは負の遺産であることに違いは
ない。しかし、変更履歴の追跡や、マージをする場合には、
コピペのほうが目でわかりやすいという利点がある。

この『目でわかりやすい』というのは、特に出荷して
しまった製品では重要になる。

であるから、コピペしたものを一旦コミットしてから、
さらにリファクタリングしたものをコミットするという
手順も検討すべきである。あるいは、出荷バージョンでは
コピペで済ませておき、ヘッドではリファクタリングした
ものをコミットするといったことも検討すべきである。

本家Permlink

<< 前 ホーム 次 >>


Copyright © 1905 tko at jitu.org

バカが征く on Rails