<< 前 ホーム 次 >>

bakaid: 20081028

量とは何か。量とは日々繰り返される作業そのものの
ことである。コードというものは、その日々繰り返される
作業の出力の一部に過ぎない。

日々繰り返される作業を見つめることから質というものが
生まれる。ムダなことをやっていないか。機械化できる
ことはないか。そういう問いを発し続けることによって
量から質が生まれる。

--

KYというのも才能の1つとは思うが。けれども、それが
許されるのはごく一部の天才だけだ。諸君らのような
凡人、しかもクチバシの黄色い新人に許されるはずも
ない。

『空気を読む』ということは、結局は人を観察するという
ことだ。

要は観察が足りないのだ。見ようとすれば見えるものを
見ない。聞こうとすれば聞こえるものを聞かない。

観察が不得手では技術者として失格だ。

本家Permlink

<< 前 ホーム 次 >>


Copyright © 1905 tko at jitu.org

バカが征く on Rails