<< 前 ホーム 次 >>

bakaid: 20080707

その昔、バーチャファイター2が流行ってたとき、
『フレーム』っていう言葉がよく出てきた。この
フレームっていうのは、アニメでいうと1コマの時間。

で、バーチャだと確か1/60秒が1フレームだった。
大体0.02秒弱。

影のパンチが8フレーム、つまり、ボタンを押してから
パンチの当たり判定が出るまで1/60 * 8、0.13秒強
みたいな話だった。

で、何がいいたいかというと、体感として1パンチ
(ワンパン) っていうのはものすごく速いということ。
UIの反応としてワンパンっていうのは快適さの目安に
してもいいくらい。影ほどじゃなくっても、10フレ程度
でも十分速い。ゲームじゃない、もっとフツーのアプリ
だったら、もっと遅くっても大丈夫じゃないか。
バーチャで『20フレ』なんていったら使えないワザに
なっちゃうけど (多分ヒザよりちょっと遅いくらい)、
それでも0.3秒弱だもん。

--

あれだけやって、あれだけヘタクソだったのに、また
モンハンとかやっちゃうんだもんな。我ながら頭が悪い。

まぁ、ティガ倒せればそれでいいや。まだ先は長そう
だけど。

--

ああ、いろんな方面にお礼とかしなきゃいけないん
だけど。とりあえず、まだ自分の中で消化できて
ないんで。

で、あそこで一番聞きたいと思ったのは、ジュンク堂の
人の話。なんでも、優秀な棚担当の人だったらしくって。
そういう人だったら、面白い話がいろいろと聞けたんじゃ
ないかと思ってね。

最近は本人が書かなくなったけど、T.O'Reilly氏の
本の売上分析っていうのは非常に画期的で面白い話
だったわけでしょう。そういう方面の話っていうのを
もっと知りたいんだよね。日本ローカルな傾向って
いうのもあるだろうし。

それと、もうやってんのかもしんないけど、店員さん側
からもソフトウェア開発者のキャリアパスみたいなのを
出さないとダメだと思うんだよね。ソフトウェア開発って、
すっげー幅があって、技術も大切だけど、他にも大切な
ことってたくさんあるわけでしょう。

agileじゃなくっても、たとえば、開発者の間でGDTとか
話題になるわけでしょう。マインドマップなんかも
あるわけでしょう。開発者っていうのは、そういうことに
貪欲だから。少なくとも、もうUMLで全部済ますなんて
いう時代じゃない。あんまり技術だけにとらわれないで
ほしいよね。ソフトウェア開発って、知的な総合活動だから。

結局、そういうのが書店の個性になっていくんだと思う
んだよね。そういうのはamazonじゃ出せないから。
逆に、それを出したらamazonじゃなくなっちゃうって
いうのもあるし。個性のなさがamazonの良さということ
でもあるんだけど。

本家Permlink

<< 前 ホーム 次 >>


Copyright © 1905 tko at jitu.org

バカが征く on Rails