<< 前 ホーム 次 >>

bakaid: 200804071

XPの一番目の価値っていうのは、いうまでもなく、
communicationなわけ。

で、このcommunicationっていうのは、自分から伝えようと
しないとダメなわけ。communicationがはじまるのはいつも
自分からくらいの気持ちでないとダメなわけ。

XPの価値には他にもfeedbackっていうのがあるけど。
このfeedbackだって、inputがなきゃ返ってこないんだから。

たとえばレビューといわれるもの。レビューは非常に有効な
手段なんだけど。でも、必ずしも「これからレビュー
やります」みたいな感じで時間を設けなくっても、普段の
会話の中でレビューっていうのはできるわけ。ペア・プログラミング
なんて、常時レビューし合ってるようなもんなんだし。

どっちかっていうと、そういうinformalなレビューが大切
なのね。だって、それこそcommunicationの話になるでしょ。
informalな会話がたくさん流れてるってことは、すなわち
communicationが豊かだってことなんだから。

informalな情報をいつかはformalな形で残す必要も出て
くるんだろうけど。でも、そんな形式にとらわれること
よりも、まずcommunicationを豊かにするほうが先なわけ。

--

どうもこの業界、文書に頼ろうとする人間が多いよな。
新人なんかも、マニュアル慣れしてるせいか、そういう
文書をすぐ求めがちだよな。でも、そういう薄い人間
関係でこれから先やってくのかどうか、ちょっと考えた
ほうがいいよね。

人に聞くっていうのは面倒だけど、そういうとこから
濃い人間関係っていうのがはじまるんだし。そういう
濃い人間関係っていうのを嫌ってるようじゃ、職業
プログラマには向かないよ。

ああ、薄い、濃いっていうのは、それほど深い意味じゃ
なくって、「リアルな世界の」っていう程度の意味。
別に呑みに誘えとかそういう話じゃない。

本家Permlink

<< 前 ホーム 次 >>


Copyright © 1905 tko at jitu.org

バカが征く on Rails