<< 前 ホーム 次 >>

bakaid: 20080109

      オレ: あのさー、Rubyカイギでさー、なんかコミュニティ・
             ナンチャラっていうのがあるらしいんだわー。でさー、
             toRubyとして出てみない?

他メンバー: え? ほんと?

      オレ: だってー、会長にも理事にも来てもらってて、シカト
             するわけにもいかないじゃん?

他メンバー: ほんとに行くの?

      オレ: うん。

他メンバー: どこでやるか知ってんの?

      オレ: ・・・どこ?

他メンバー: つくばだよ?

      オレ: ・・・・・・ハア?

ほんと『ハア?』だよ『ハア?』。

つくばだぁ? どんだけ群馬ちゃんなんだよ。

ツクバエクスプレス乗りてぇだけちゃうんかと。そんなに
Rubyは鉄分高かったのかと。

あーあー、さぞかし学園都市だろうさ。さぞかし道路も
広いだろうさ。オレはクルマ持ってねぇけどな。

というわけで前向きに検討させていただきます。

--

いやー、やっぱRubyの通り名は変えるべきだよな。オブジェクト
指向スクリプト言語なんかじゃなくってさ。

その名も首都言語Ruby。

そうすりゃ東京以外でカンファレンス開けねーんじゃね?
そうすりゃみんなも『まぁ、それなら東京でしょうがないか』
ってなるんじゃね?

--

何度も書いてるけど、コンパイラは最適化の道具という
意味だけの存在じゃないし、単純なtypoを見つけるため
だけのもんでもない。

grepかけるよりコンパイラ使ったほうが早いってことも
ある。たとえば、publicのメソッドをprivateに変える
だけで、外部から呼び出してるところはわかるわけだ。

スーパークラスで空実装してるメソッドがあったら、
それを抽象メソッドに変える。そうすれば、不必要な
はずのスーパークラスの実体化をあぶり出すことができる。

だから、コンパイラは設計の道具としても使えるっていう
ことなんだよな。というか、コンパイラのモダンな使い方
っていうのは、これなんだから。

本家Permlink

<< 前 ホーム 次 >>


Copyright © 1905 tko at jitu.org

バカが征く on Rails