<< 前 ホーム 次 >>

bakaid: 200712201

以下はフィクションです。

  近くにスゲーウルセーサーバがあって。まぁ、政治的な
  事情で落とすこともできなければ、どかすこともできない
  としよう。

  で、このウルセーサーバを事故に見せかけてブッ壊すと
  決心したとしよう。どういう手段が考えられるか。

というフィクションの話を隣の同僚に振ってみたら、
「磁石を使ってHDDを壊す」とか、「HDDをレンジに入れて
高温で痛めつける」なんていう答えが返ってきた。

これにはひどくガッカリした。こういうのはハッカーの
素質がない。まず現実味がないし (レンジを使うとか)、
バレやすい (HDDがおかしくなってたらまずバレるとした
もの)。こういう問題を真剣に考えられるかが、ハッカーの
素質の有無を見る指標の1つ。

今朝フと思ったんだが、瞬断を繰り返すのが一番事故っ
ぽいんじゃないか。つまり、電源プラグをコンセントから
瞬間的に抜き差しする。確実性には劣るが、これで壊れたら
もっとも自然な壊れ方じゃないか。

マザーボードに塩水をたらすっていうのも考えたんだけど、
ちょっと事故っぽくないかなと思った。

まぁ、確実性に劣る手段は、試行を繰り返さなきゃいけない
から、それだけ露見する可能性も高くなるんだけど。

というわけで、この話はフィクションだからな! (笑)

--

いや、待てよ。ログが残っちゃうな。電源はイカれても
HDDは生きてんだから、ログをサルベージしたら何度も
起動してたのがバレるかもな。

これはやっぱり発想の転換が必要か。故意に壊されたと
バレるのはいいとしよう。誰がやったかわからなけりゃ
いい。

まぁ、こういう発想は推理小説の中の犯人と同じなわけだ。
つまり、もう自分の扱う問題じゃないってことか (笑)。
この話はフィクションだしな (笑)。

本家Permlink

<< 前 ホーム 次 >>


Copyright © 1905 tko at jitu.org

バカが征く on Rails