<< 前 ホーム 次 >>

bakaid: 20071213

コードを書くとき、読みやすさというものの基準を自分に
置きがちなわけです。でも、初心者とベテランとでは、
読みやすさの基準というものは違うわけです。どっちの
基準が正しいかは、いうまでもなく、ベテランのほうが
正しいわけです。だから、初心者でも、読みやすさの
基準をベテランのものに合わせなきゃいけないわけです。

そのためには、コードをたくさん読んで、読みやすさの
基準というものを知らなきゃいけないわけです。

ダメなスタイルで書くバカに限って、外のコードを読んで
ない。身内のコードばっかり読んでいて、身内ローカルな
ダメスタイルが唯一のものと思ってる。

--

『中学野球小僧 2008年1月号』、福岡ソフトバンクホークス
内野守備走塁コーチ・森脇浩司:

  漠然とやっても強い意識でやっても、100球のノックを
  打てば100球分の時間が過ぎていく。それなら、強い
  意識を持ってやったほうが実になりますよね。
  (中略)
  これはノックに限らず、物事がうまくなるための考え
  方の基本だと思うんです。

  ・・・

  同時に、ノックは危険と背中合わせの練習です。
  イレギュラーして選手の目に硬球が当たれば、失明
  する可能性もある。もし漠然とした気持ちで打った
  ボールで、教え子が野球生命を断たれてしまったら・・・
  私はもう、野球を続けることはできないと思います。

--

Cやってる人、あるいはC上がりのC++初心者に多いんだけど、
#defineは、それが定数であれ、マクロであれ、必ずヘッダ・
ファイルでやるもんだと思ってる人がいる。

そうじゃない。ヘッダっていうのは、複数のファイルで
参照されるものを書くもの。だから、1つの*.cなり*.cpp
なりでしか使われない#defineは、ヘッダでやっちゃいけ
ない。

enumなんかにしても、グローバルな空間に置かずに、それが
使われるクラスなり名前空間の中に置く。

本家Permlink

<< 前 ホーム 次 >>


Copyright © 1905 tko at jitu.org

バカが征く on Rails