<< 前 ホーム 次 >>

bakaid: 20071211

当たり前だけど、シンプルに書くには言語の文法を知って
なくちゃいけない。たとえば、こないだ:

return (-1);

なんていうコードを見て固まっちゃったんだけど。こう
いう書き方しちゃうのは、文法のことを知らない自信の
なさがもたらすんじゃないか。

他にも:

if ((a == b) || (c == d))

みたいな書き方。こういう規約があるのは知ってるし、
それに従ってるんなら問題はない。でも、『なんとなく
恐いから』なんていう理由でカッコを使ってるんなら
問題がある。だって、文法上は:

if (a == b || c == d)

で問題ないし、そのほうがシンプルなんだから。繰り返す
けど、規約があるんなら、それに従わなきゃいけない。

それと、『カッコでくくるのがルール』なんていっても:

if ((a == b) || (is_it()))

なんていう書き方だと『バカの1つ覚え』。せめて:

if ((a == b) || is_it())

くらいに書く。

シンプルに書くには努力が必要だし、シンプルと安易は
全然違うもの。だから、シンプルに書くように心を配る。

--

ああ、あと嫌いな書き方といえば:

if (a == true)

みたいなの。こういうのもダメ。見てらんない。

本家Permlink

<< 前 ホーム 次 >>


Copyright © 1905 tko at jitu.org

バカが征く on Rails