<< 前 ホーム 次 >>

bakaid: 20071207

へー。Schemeの名前付きletをはじめて知りました。いや、
存在は聞いたことがあったから、はじめて理解したといった
ほうがいいですか。

W-ZERO3買ったんですよ。古いヤツ (WS004SH)。EMONEも
あるんですけど、自分、ケータイ持ってないじゃない
ですか。で、データだけじゃなくって音声もできるヤツが
ほしくって。だったらアドエスもあるんですけど、それ
でもやっぱり画面大きいほうがいいかなって思って。

で、いろいろやって。とりあえずNg。とりあえずRuby。
まぁ、このあたりはデフォということで。

で、前にも書いたことあると思うんですけど、こういう
PDA環境の本命はvi + Lisp系だと思ってるわけです。
何しろ、キーが限られてるわけで。ブラケットすらまともに
入力できないわけで。幸い、W-ZERO3にはCtrlキーはある
んでNgでもOKなんですけど、ほんとはviにしたい。でも、
残念ながら、手軽に入れられるviはないみたいで。

Lisp系については、大文字小文字を区別しない処理系が
多いですし、リストに限れば丸カッコしか使いません。
WinCE向けのLisp系ではPocket Schemeっていうのが見つかり
ました。

そういう意味でいえば、RubyはPDA環境に全然向かない (笑)。

で、せっかくだし、W-ZERO3でWeb見ながらScheme入門
してたわけです。

--

それで、いっつも思うんですけど、Schemeの入門書って
面白くないんですよね (笑)。『いやいや、計算だったら
電卓使うし!』みたいなのが多い (笑)。『リスト? ハァ?』
みたいな。

やりたいのはWebにアクセスしたり、CGIやってみたり、
あるいはGUIだったり、ゲームだったりするわけでしょう。
なのにファイルの入出力でさえ後回しでしょう。

いや、これはSchemeに限らず、関数型全般にいえること
なのかもしれませんけど。ハッキリいって、そういうのは
病んでますから。修行僧みたくストイックにつまらない
題材で鍛錬を重ねるって、もうそこで間口狭めちゃってる
わけで。それを病んでるといわずしてなんという。

プログラミングがプログラミングだけを目的として
モチベーションを保てたのはもう昔の話でしょう。今は、
プログラミングで何ができるか、どんな楽しいことが
体験できるかを問われてるわけで。

自分みたく『ほうほう、これが名前付きletですかぁ』
なんて感心する人間なんて、無視しなきゃいけないん
ですよ、ほんとは。メジャーになるってことはそういう
ことなんだから。

本家Permlink

<< 前 ホーム 次 >>


Copyright © 1905 tko at jitu.org

バカが征く on Rails