<< 前 ホーム 次 >>

bakaid: 20071202

XPE2の13章、"Testing: Early, Often, and Automated"の
冒頭:

  Defects destroy the trust required for effective software development.
  The customers need to be able to trust the software. The managers
  need to be able to trust resports to progress. The programmers need to
  be able to trust each other. Defects destroy this trust. Without trust,
  people spend much of their time defending themselves against the pos-
  sibility that someone else may have made a mistake.

欠陥によって信頼が失われる。信頼が失われると、他の
人間を監視するためのコストを払うことになる。それが
生産性の低下を引き起こす。

XPE2、途中で投げ出してたんですけど、またポツポツ読み
進めていこうかと。で、出てきたのが上の文章。不思議な
ものです。ちょうど似たようなことを考えてたんですから。

前に"XP is about social change"のことが話題になって
ましたよね。自分はこれの元ネタ、知らないんですけど。
でも、やっぱり自分は、ソフトウェア開発とそれを取り
巻く社会とを別個に考えることはできないと思うんです
よね。そもそもXPが生まれたのだって、社会が変化した
からでしょう。

社会の変化がソフトウェア開発に反映される。これは
当たり前の話。じゃあ、ソフトウェア開発の変化は社会に
影響しないのか? そんなことはないと思うんですよ。
だって、それを否定しちゃうと、"social change starts
with you"を否定することになっちゃうから。

自分が変わることで、チームが変わる。チームが変わる
ことで会社が変わる。会社が変わることで社会が変わる。

少なくともXPでは、信頼を保つことで生産性を高めようと
する。監視よりも信頼に価値を置く。そういう価値観を
チーム、会社、そして社会にまで広げる。

変化はいつだって小さい。だから、続けることが大切に
なる。何かを変えたいなら、変えるまで続けなきゃいけ
ない。1つ何かが変わったら、また新しい何かを変えなきゃ
いけない。

--

結局のところ、貧乏なのにモラルを保つのはむずかしい。

『清貧』という言葉を日本人は好きだけど、それは自分に
できないものに対する憧れみたいなものなんだろう。

だから『清富』を目指す。

Googleのいう"Don't be evil"っていうのは間違いじゃ
ない。清いという自信があるんなら、いくら稼いだって
構わない。

稼いだ金を溜め込むのは清いとはいえない。だから、
ジャンジャン稼いでジャンジャン使う。浪費という意味
じゃなく、社会に金を回す。

本家Permlink

<< 前 ホーム 次 >>


Copyright © 1905 tko at jitu.org

バカが征く on Rails