<< 前 ホーム 次 >>

bakaid: 20070710

ああ、もちろん、割り込みの種類にもよるんですけど。
でも、割り込みが多くて効率が上がらないというような
状況なら、個人で解決できる状況ではないでしょう。

このあたりはよくある話で、たとえば隔離された場所に
作業場を確保するとか、午前中だけは電話を拒否する
とか、組織的な対応が必要になります。

ということからしても、キーボードから手を離しても
問題ないということがいえるわけです。それで問題が
出るようなら組織で対応しなきゃいけない話でしょう。

--

毎週のように〆切があるっていうのは、結構キツイもん
ですね。しかも、その〆切を決めたのは自分なんですから。

でも、これもまたマジックの1つなんでしょうね。人間、
やっぱりウソはつきたくないもんですから。自分で出した
見積もりだったら、やっぱり実現しようと気合も入ります。

でも、やっぱりキツイものはキツイ。でも、だからこそ
slackを大切にして、いつでもenergized workできる
ようにしなきゃいけない。

--

でも、8時間のうちの20%っていったら1時間半くらいなん
ですよね。それが多いか少ないか。そうやって数字を
出されると、自分は意外と少ないかなと思いますね。

いや、自分が1時間半も遊んでるとか、そういう話じゃ
なくってね (笑)。

自分は、この『管理された自由時間』って、いいこと
ばっかじゃない気がするんですよね。好きなことやる
ヤツは、どこ行っても好きなことやるだろうし、そん
ときはどうにか時間をやりくりするだろうし。

実際、おバカなプログラムとかは作れないでしょうし、
単純に『お勉強』のためにも使えないでしょうし。

--

はは、プログラマは廃業したほうがいい、か。ま、その
とおりなんだけど。

--

Visitorなら結城さんの本にわかりやすい説明とサンプルが
ありますね。あと、``A Little Java''は一冊のほとんどが
Visitorで占められていたような。

--

(defun my-c++-mode-hook ()
  (c-set-style "stroustrup")
  (setq c-basic-offset 4)
  (setq indent-tabs-mode nil)
  (c-set-offset 'arglist-close 0)
  (local-set-key [f9] 'switch-c++-buffer))
(add-hook 'c++-mode-hook 'my-c++-mode-hook)

(defun switch-c++-buffer (&optional buffername)
  (interactive)
  (if (not buffername)
      (setq buffername (buffer-name)))
  (let ((basename (file-name-sans-extension buffername))
	(extension (file-name-extension buffername)))
    (let ((filename (concat basename "." 
			    (c++-paired-extension basename extension))))
      (find-file filename))))

(defun c++-paired-extension (basename extension)
  (if (string= "cpp" extension)
      (find-cpp-header basename)
    (cond ((string= "h" extension) "cpp")
	  ((string= "hpp" extension) "cpp")
	  ((string= "hh" extension) "cc")
	  ((string= "cc" extension) "hh")
	  ((string= "hxx" extension) "cxx")
	  ((string= "cxx" extension) "hxx")
	  ((string= "H" extension) "C")
	  ((string= "C" extension) "H")
	  (t nil))))

本家Permlink

<< 前 ホーム 次 >>


Copyright © 1905 tko at jitu.org

バカが征く on Rails