<< 前 ホーム 次 >>

bakaid: 200612281

まあ、ありていにいって、小学生や中学生で『テストが
好き!』なんていうのは出木杉くんくらいしかいない。
でも、クイズが好きな子は結構いるもんだ。

学生だけじゃなくって、プログラマだってテストは嫌い
なんだ。『○付けなんて退屈だ』程度にしか思ってない。
確かに、出来上がったプログラムのテストは退屈だ。

でも、TDDのテストは、期末テストともクイズとも違う。
TDDのテストは、答えを自分で決めるんだ。『こういう
答えがほしい』っていうことを先にコードに書いちゃう。

だから、TDDのテストっていうのは、問題を解くという
よりも、問題を作るというほうが近い。

問題を作って、問題を解く。どっちも自分でやんなきゃ
いけない。だから、解けないような難しい問題を作っても
意味がない。自分でも解けそうな問題を作る。それが
TDDのミソでもあるんだね。

いきなり難しい問題を作るんじゃなくって、ちょっと
がんばればできそうな問題を作る。で、それがクリア
できたら、またちょっとがんばればできそうな問題を
作る。そうやって足元を確かめながら、ちょっとずつ
前に進むんだ。

作るときは『これは大丈夫だろう』と思った問題でも、
いざ実際に取りかかってみると意外と手こずることもある。
そんなときは、問題をもうちょっとやさしくしてみる。
問題が難しすぎたときは、たいてい、問題の素、根っこを
よく理解できてないときなんだ。だから、やさしめの
問題を作って、問題の素をよく噛み砕いてみるんだね。

こんな短い文章じゃ伝わらないだろうけど、TDDの
テストが、みんなの知ってるテストとはちょっと違うっ
ていうことをちょっとは感じてくれたかな。

--

なんかさー、語り口調で書くと、みんなP.Grahamっぽく
なっちゃうんだよなー。上のは意識して変えてみたけど。

一応いっとくけど、ここの基本は『です・ます調』だから (笑)。

半ギレ調のときは、あくまでもイレギュラーだから (笑)。

本家Permlink

<< 前 ホーム 次 >>


Copyright © 1905 tko at jitu.org

バカが征く on Rails