<< 前 ホーム 次 >>

bakaid: 200612203

自分みたいなシガナイプログラマがこんなことを書いても
意味なんてないんだろうけど。

今中学生、高校生の君が、5年後、10年後、自分がどう
なってるか考えるのはむずかしいことかもしれない。
でも、むずかしいのは、可能性にあふれているから
なんだね。決して先行きが暗いからじゃない。道が
まばゆいくらい輝いていて目がクラクラしちゃうんだ。

ついこないだ引退しちゃったけど、ビル・ゲイツが
いつ仕事を始めたか知ってるかい?

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%93%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%B2%E3%82%A4%E3%83%84

これによると高校生のときだそうだ。今君が15才だと
して、3年後にはもうプログラミングで稼いでたんだ。
で、入った大学を中退してMicrosoftをはじめた。
これが20才のときだ。15才のビツ・ゲイツ少年にしたって、
自分の5年後を想像するのはむずかしかったはずだ。

もちろん、ビル・ゲイツは特別な人だ。才能もあったし、
チャンスにも恵まれていたんだろう。でも、自分の
可能性を信じていたからこそ成功したということは
いえるんじゃないかな。

Microsoftのライバル、Appleはどうだったろうか:

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%83%E3%83%97%E3%83%AB%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%94%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%BF

ウォズは25才、ジョブズにいたっては20才のときに
Apple Iを作り出したそうだ。みんなの5年後、10年後が
そうならないなんて誰にも否定できないんだ。

ビルとAppleの2人は、確かに時代に恵まれていたという
こともある。でも、じゃあ、Googleはどうだろう:

http://ja.wikipedia.org/wiki/Google

創業者の2人が最初の検索エンジンを作ったのは、2人が
23才のときだそうだ。もし君が17才の高校生なら、5年後
ってことになる。実際にビジネスをやりはじめたのはもう
ちょっとあとなんだけど、そのころはYahooがすっかり定番
になってた。でも、それを引っくり返しちゃったわけだ。

そう、ITはまだ若いんだ。若いからこそ、君たちみたいな
若い力が必要なんだ。自分の可能性を信じて、自分の手で
ITの未来を切り拓いてほしい。それができるのは君たち
若い世代だけなんだから。

本家Permlink

<< 前 ホーム 次 >>


Copyright © 1905 tko at jitu.org

バカが征く on Rails