<< 前 ホーム 次 >>

bakaid: 20061129

仕事でC++使ってるのにBoost知らない人がいたんで
ビックリ。自分よりかなりデキル人なんですけど。

今さらですけど、一応書いときますけど、Boostって
いうのはC++のライブラリ。自分がグダグダ書くより
Wikipediaの説明読んでもらったほうが早いですか:

http://ja.wikipedia.org/wiki/Boost

つまり、Boostっていうのは『準』標準。Javaにおける
Jakartaみたいな存在といっていいでしょう。

ライセンスもかなりゆるく、新しい、つまり広告条項の
ないBSDとほぼ同じと考えていいようです (各自しっかり
確認すること)。

ここでも何度か書いてますけど、『C++もしぶとくがんばっ
てるなぁ』と自分が感じたのは、このBoostが出てきたから
です。

C++のライブラリやフレームワークはいくつかあって。
たとえばMozilla、OpenOffice.org、KDE/Qtなんかが
あるわけですけど、どれも製品は有名なんですけど、
そのライブラリがよく使われてる印象ってのはほとんど
受けないんですよね。そんな中でBoostは別格の存在感な
わけです。

--

もう1つショックだったのが、『こういうのって責任の
所在が曖昧じゃないですか』っていう。ようは、『何か
あったら誰が責任取るの?』論です。こんな話、今に
なってまた耳にするのは信じられませんでしたね。

はっきりいって、オープン・ソースだろうが独占だろうが、
他人が作ったもんなんだから、そんなもん、誰も責任
なんか取っちゃくれねーっつの。オープン・ソースだろうが、
独占だろうが、ライセンス読みゃあ、絶対『責任
取りません』っていう一文が入ってるもんです。

『困ったときに誰に聞けばいいの?』っていうのも。
そんなもん、作った人に聞きゃあいいじゃん。そのために
メーリング・リストとかがあるわけでしょ。答えてくれる
とは限らないけど、そんなもん、独占だって同じだよ。

それに、そんなに答えほしいんなら、カネ出しゃいい
じゃん。コミュニティのパトロンになれば、向こうだって
特別扱いしてくれるでしょ。それは何らやましいことじゃ
ない。

本家Permlink

<< 前 ホーム 次 >>


Copyright © 1905 tko at jitu.org

バカが征く on Rails