<< 前 ホーム 次 >>

bakaid: 200611091

いや何がダメって、フツー、オフィスには手頃なサイズの
紙がないってことなんだよな。

ここでいう『手頃なサイズ』っていうのは、A4の半分、
つまりA5くらいのサイズ。A4はそれこそ掃いて捨てる
ほどあるけど、その半分ってのは全然ない。

だからマメな人はそれを半分に切ってクリップでまとめ
たり、さらにマメな人はそれを丁寧にノリで固めてメモ
帳みたくしてるんだけど、当然オレにそんなマネなんか
できっこない。

というわけで、定規を用意することにしよう。

ちなみに、XP周りでこの『手頃なサイズの紙』の重要さは
改めて書くまでもないんだけど、それでも書いておくと:

1. ストーリー・カード
2. Todoカード
3. CRCカード

といったところ。CRCカードはA6くらいのほうがいいかも
しれない。ってことは、ちょっと大きめのPostItでも
いいかもしれない。

とにかくだ。A4じゃ大きすぎる。

--

自分が書く『フツー』っていうのは、みんなが深く考え
ないで口にする『フツー』っていうのと同じですよ。上で
書いてるように。

大体、口に出すときは『普通』でもなければ『ふつう』
でもなくって『フツー』のはずですよ。そういう深く
考えていない『フツー』っていうニュアンスを出したい
がためにカタカナで『フツー』って書いてるんです。

『そんなんフツーじゃん』とか、『フツーやるでしょ』
とか、そういうときのフツーね。

上の文章を改まった書き方をすると:

  一般的な事務所には手頃な大きさの紙というものが
  なかなかないものです。それが私の悩みの種なのです。

  ここでいう『手頃な大きさ』というのは、A4の半分、
  つまりA5程度の大きさです。A4はプリンタ用紙の裏紙
  など事務所に豊富にありますが、A5程度の紙はなかなか
  見当たらないものです。

といったように、ここでの『フツー』は『一般的』と
いうのがピッタリで、それを『普通』と書いてしまうと
意味は通じても、ちょっとヘンな文章ということに
なりましょう。

本家Permlink

<< 前 ホーム 次 >>


Copyright © 1905 tko at jitu.org

バカが征く on Rails