<< 前 ホーム 次 >>

bakaid: 20060425

http://jibun.atmarkit.co.jp/lcareer01/rensai/career26/data26.html

なんや、これ。カスばっかやないか。

  5年待て。君ならポジションも上がり、仕事も面白くなる。おれの言葉を信
  じろ。

アホか。5年も無駄にするのか。そのころにはやる気や才能なんてしぼんじまっ
てるよ。

--

static void
myprint(list<string>& lst, list<string>::size_type index)
{
    if (index > lst.size() - 1) {
        printf("%s\n", lst.rbegin()->c_str());
        return;
    }
    int i = 0;
    for (list<string>::iterator it = lst.begin(); it != lst.end(); ++it, ++i) {
        if (i != index) continue;
        printf("%s\n", it->c_str());
    }
}

よく話が見えてないのですが、
一般的にいって、コンテナを舐めるときは
イテレータを使うべきじゃないでしょうか。
特にlistの場合、インデックス指定で要素を
取り出せませんし。

つまり、for文の主題はiteratorであるべきで、
intにすべきではないということです。

--

立案 (planning) の主役はビジネス側の人たち (顧客)。

四半期ごとの立案なら、ビジネス側の人がテーマなり
リリース計画を出す。開発側は、それが実現できそうかを
判断し伝える。

週ごとの立案なら、ビジネス側の人がストーリーを
出す。開発側は、即座にそれを見積もる。

ビジネス側からの入力がないと立案は始まらない。

本家Permlink

<< 前 ホーム 次 >>


Copyright © 1905 tko at jitu.org

バカが征く on Rails