<< 前 ホーム 次 >>

bakaid: 200511132

test/unitを実行するのにM-x compileするのは間違い。

M-!でやるほうがいい。

何が違うかというと、M-!はミニバッファに出力する。だから、C-gなんかです
ぐに出力を消せる。

M-x compileっていうのはCなんかだと有効。M-x next-errorで問題の起きた個
所に飛べるから。でも、Rubyだとそれはできないし、そもそもテストで問題が
起きてなかったら静かに消えてほしいものだ。その点、M-x compileは恒常的
なバッファに出力するから、わざわざC-x kしないといけない。*compilation*
バッファ専用のフレームを開けておくやり方もあるんだけど、Xじゃなきゃで
きないし、そうでなくても大きな画面が必要になる。

本家Permlink

<< 前 ホーム 次 >>


Copyright © 1905 tko at jitu.org

バカが征く on Rails