<< 前 ホーム 次 >>

bakaid: 20050907

http://juicability.blogspot.com/2005/09/top-8-reasons-hci-is-in-its-stone-age.html

全部は読んでないですけど、AfterDarkはカーソルを画面の角に置くと発動し
ました。AfterDarkで一番のお気に入りは、画面の輝度を落とすモジュールで
した。うっすらと画面が見えるので、長時間のダウンロードのときなどは重宝
しました。

--

http://hotwired.goo.ne.jp/webmonkey/2005/36/index4a.html

ぐは。HotWiredか。HotWiredがプログラミングの話書いてるとは知らなんだ。

--

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/OPINION/20050905/220619/

  「これからは,現場のユーザーのことを考えた使い勝手の高いシステムを作
  れないITベンダーさんには,発注しません」。ソニー生命保険は最近,取引
  先のITベンダーに対してこんな方針を打ち出した。

この時点でアウト。なぜなら、使い勝手の高いシステムというのはユーザの協
力が欠かせないから。それなのに、上の文章では、使い勝手の問題を一方的に
開発側に押しつけているように読める。

  UCDは研究者や企業によって内容が異なり,標準的な方法があるわけではな
  い。ただしUCDの多くに共通する特徴がある。例えば,設計開発の担当者が
  現場のユーザーになり切って使い勝手の高いユーザー・インタフェースをイ
  メージできるように,「ペルソナ」と呼ぶ仮想のユーザーを設定し,業務の
  流れを文章で詳細に表した「シナリオ」を作成する。また,プロトタイピン
  グとユーザーによるテストを何度も繰り返す。こうした工夫により,設計開
  発の過程で一貫して現場ユーザーの視点を持ち続けながら,業務の流れや現
  場の実状に合うユーザー・インタフェースを設計するわけだ。

XP的に見れば疑問はいくつも浮かぶ。

なぜ仮想ユーザを置かなければならないのか? なぜ本物のユーザを置いては
いけないのか?

シナリオはどこまで詳細にすべきなのか? それはシステムが動き始めたら変
わることがないのか? 変わるのであれば詳細にやる必要はないのではないか?

プロトタイピングに時間をかける余裕があるのか? なぜ本物のシステムを進
化させてはいけないのか?

結局、上でいっているUDCというのは前払いとさして変わらない。

そもそも、なぜ使い勝手を要求としてあげられないのか? XPならば『使い勝
手を向上する』というストーリーを入れればいいだけなのに。あるいは、その
場にいる顧客がちょっと一声かけるだけでも十分だろう。

--

『押下』なんだけど、こういう言葉は体言止めのときに便利なんだな。で、体
言止めっていうのはタイトルに使うことが多い。たとえば『承認ボタンの押下
について』といった具合に。

Javaなんかにある『例外』には『投げる』っていう言葉が一番しっくりくるん
だけど、その体言止めで悩んだことがある。『投げること』には『投擲 (とう
てき)』っていう代替の言葉があるんだけど、どうにもいかめしい感じがする。
で、ある日、その筋の本を読んでたら『例外の送出』という言葉が使われてい
て、目から鱗が落ちた覚えがある。

まぁ、でも、『押す』で済むんだったらそっちのほうがいいよね、やっぱ。

--

ん〜、バカはほっとくとして。

自分、それほどリファレンス・マニュアルが不十分だとは思ってないんですよ
ね。何が足りないんですかね?

添付ライブラリ周り? 確かにそうかもなぁ。でも、そんなに困ってないんだ
よな、実際。

チュートリアル? これは書籍では結構出てるからなぁ。

なんかPHPがよく引き合いに出されるけど、あれ、いいかぁ? いや、確かにカ
バーしてる範囲は広いし、必要十分ではあるけど。それいうならJavaのほうが
全然いいだろ。ドキュメントならリファレンスからチュートリアル、はたまた
読み物系も豊富だし。

『JavaはSunがやってるんだから』ってのは意味がないんだよね、自分には。
目指すなら高いとこじゃないと意味ないし。

『Rubyはドキュメントがダメダメ』っていわれていっつも思うのは『やっぱパ
イ増やすしかねぇよなぁ』ってこと。『自分が書く』っていう発想はないのよ、
そんなもん。書きたい意欲があって、なおかつ書く力のあるヤツが出てこない
とダメだって。で、今は、そういうのは書籍のほうに取られちゃってるわけ。
みねろうさんとか、会長もそうか。だから、もうちょっと新しい世代を待たな
きゃいけないかなって思うわけよ。

--

ああ、これは責めてるんじゃないですから。いい書き手が書籍に流れるのはしょ
うがないでしょ、現状では。

--

しっかし、『雑誌ごっこ』なんていわれる筋合はねぇわな。クソッタレが。

Linuxも最初は『開発ごっこ』とかいわれてたんかねぇ。寒いよな。寒すぎ。

本家Permlink

<< 前 ホーム 次 >>


Copyright © 1905 tko at jitu.org

バカが征く on Rails