<< 前 ホーム 次 >>

bakaid: 200509052

いうまでもなく、技術的な信条と (技術者としての) 人間像の評価は別物です。
ある人と自分とで技術的な信条が違うからといって、その人物を (技術者とし
て) 尊敬できないということはありません。

--

しかし、話半分だとしても、Rubyが日本のXP界隈でそれほど受け入れられてい
ないというのは釈然としない話です。

XPの始まりはSmalltalkにあったわけですけど、かといって日本のXP界隈で
Smalltalkが流行っているわけではないでしょう。となると、やっぱりJavaあ
たりでしょうか。

確かに、『リファクタリング』はJavaのサンプル・コードでしたし、K.Beck氏
も最近ではEclipseにご執心のようです。けれども、M.Fowler氏はRubyの大ファ
ンですし、K.Beck氏もTDDの中ではPythonを取り上げています。W.Canningham
氏に至っては、PerlでWikiを作りました。XPとLLは相性はいいはずです。そも
そもSmalltalkだってLLといえないこともないですから。

いや、真面目な話、分かんないんですよね。M.Fowler氏のいるThoughtWorksに
しても、Rubyで仕事になってるわけではないってBlikiの中ではいってますけ
ど、まるっきり使ってないってことはないみたいですし。

プログラマだったら、Javaだけで済まそうとするはずないんですけど。ま、そ
こでPerlとか使ってるってことなんですかね? それももったいない話で。
RubyだったらJavaの感覚そのまま引きずれるのに。それがいいとはいいません
けどね。でも、動的なOOPL知っといて悪いわけないじゃないですか。

ん〜、やっぱ、ちょっとXPの層が違うんですかね? 米国と日本じゃ。スーツ
着てXPやってる? そんなわけないか (笑)。

# え〜っと、スーツというのはメタファーであって、実際に着てる/着てない
# はあんまり関係ありません。

まぁ、仕事でRubyを使えないのには理由がいろいろあるんでしょうけど。でも、
品質ということでいえば、品質を保証するのは言語ではなくプログラマの責任
ですから。そのためのXPでしょ?

本家Permlink

<< 前 ホーム 次 >>


Copyright © 1905 tko at jitu.org

バカが征く on Rails